• twitter
  • facebook
  • instagram

ほっぺタウンにて「初午いなり」フェアを初開催[東京・丸の内]

ニュース 2019/1/11
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
大丸東京店(東京都千代田区丸の内)は2月1日(金)・2日(土)、地階 ほっぺタウンにて、「初午(はつうま)いなり」フェアを初開催する。
味の梅ばち「米沢牛ステーキ(初午いなり&恵方巻)」2,700円 / 1セット 味の梅ばち「米沢牛ステーキ(初午いなり&恵方巻)」2,700円 / 1セット

今年は福を呼び込む「初午」と「節分」が連日となる

「初午」とは2月の最初の午の日で、稲荷神が降臨したとされる日。今年は2月2日で、福を呼び込む「初午」と「節分」が連日となる。
米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店「初午いなり」240円 / 1個 米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店「初午いなり」240円 / 1個
知床鮨「海鮮いなり」980円 / 1セット 知床鮨「海鮮いなり」980円 / 1セット
勢いのある日とされ、五穀豊穣や商売繁盛を祈願し、守り神の “狐" の好物である油揚げを使った「いなり寿司」を食べる習慣がある。大丸東京店 食品売場では、デパ地下ならではのバラエティ豊かな「いなり寿司」を約25種類用意。同店では、「おいしく食べて、福を招き入れませんか」と来店を勧めている。
平島「穴子いなり」680円 / 1セット 平島「穴子いなり」680円 / 1セット
たまひで からっ鳥「唐揚いなり」750円 / 1セット たまひで からっ鳥「唐揚いなり」750円 / 1セット
味の梅ばち「米沢牛ステーキ(初午いなり&恵方巻)」(2,700円 / 1セット)は、初午いなり&恵方巻の、どちらも楽しめるセット。2月2日限りで、限定数50。米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店「初午いなり」(240円 / 1個)は、しば漬の酸味と食感が絶妙な仕上がり。2月2日限りで、限定数40。
亀戸升本「初午勝運いなり」324円 / 1セット 亀戸升本「初午勝運いなり」324円 / 1セット
神楽坂 五十番「おきつね焼売おたぬき焼売」680円 / 1セット 神楽坂 五十番「おきつね焼売おたぬき焼売」680円 / 1セット
カニやイクラなど海鮮がたっぷり入った知床鮨「海鮮いなり」(980円 / 1セット)は、2月1日・2日の両日販売。神田志乃多寿司「初午いなり」(864円 / 5個入)は、煎り胡麻が香る老舗のひと品。2月1日・2日、各日限定数15。ジューシーな唐揚げとお揚げのコラボレーションが楽しい、たまひで からっ鳥「唐揚いなり」(750円 / 1セット)は、2月1日・2日の両日販売。
タキモト「初午カニいなり」972円 / 1セット タキモト「初午カニいなり」972円 / 1セット
神田志乃多寿司「初午いなり」864円 / 5個入 神田志乃多寿司「初午いなり」864円 / 5個入
亀戸升本「初午勝運いなり」(324円 / 1セット)は、油揚げと天かすを使った焼売。2月2日限りで、限定数10。対馬産の煮穴子がとろ~りととろける平島「穴子いなり」(680円 / 1セット)は、2月1日・2日の両日販売。神楽坂 五十番「おきつね焼売おたぬき焼売」(680円 / 1セット)は、動物性食材不使用の五目玄米いなり。2月1日・2日の両日販売。タキモト「初午カニいなり」(972円 / 1セット)は、カニの旨みが口いっぱいに広がる味わいとなっている。2月1日・2日の両日販売。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸