• twitter
  • facebook
  • instagram

映画・テレビ・ネット動画の枠をこえた、ドキュメンタリーの祭典! 東京ドキュメンタリー映画祭2018[東京・新宿]

ニュース 2018/11/6
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
今年が第1回目となる「東京ドキュメンタリー映画祭2018」が開催される。

12月に新宿の映画館「K’s Cinema」で2週間にわたり、ドキュメンタリー作品数十本を上映。公募された長編・短編コンペティションの入選作品のほか、特集上映やイベント企画も予定している。


【日程】2018年12月1日(土)~12月14日(金)
【場所】新宿 K’s Cinema
【形態】1日2回上映、計28プログラム
    「長編コンペティション部門」10プログラム
    「短篇コンペンティション部門」9プログラム
    「招待作品・プログラム」3プログラム
    「特別作品・プログラム」6プログラム
東京ドキュメンタリー映画祭2018告知チラシ 東京ドキュメンタリー映画祭2018告知チラシ
長編10本・短編24本のコンペティション作品がグランプリを競うこの映画祭では、審査員による選考のほか、みんなで選ぶ「観客賞」も設定。観客参加型の映画祭。
協賛であるニコニコドキュメンタリーから賞金が出る「あなたが審査員! 予告編大賞」も同時開催。こちらは視聴者がコンペ部門の予告編から受賞作を決める賞となる。


【審査員(長編部門・短編部門)】
長編コンペティション部門:原一男(審査委員長)
             中野理惠(映画配給)
             伏屋博雄(映画プロデューサー)
短編コンペティション部門:筒井武文(映画監督)
             金子遊(批評家、映像作家)


上映作品は以下のとおり
【長編部門】
『破天荒ボクサー』武田倫和(2017年、115分)
『辺野古抄』八島輝京(やしま・あきひろ)(2018年、132分)
『OKINAWA1965』都鳥伸也(2017年、95分)
『タリナイ』大川史織(おおかわ・しおり)(2018年、93分)
『双子暦記(れっき)・私小説』原將人(2018年、110分 )
『抱く{HUG}』海南友子(かな・ともこ)(2016年、69分)
『日常対話』黄惠偵(ホアン・ホイチェン)(2016年、88分)
『チャルカ〜未来を紡ぐ糸車〜』島田 恵(2016年、90分 )
『うつろいの木』岡本 和樹(おかもと・かずき)(2015年、90分)
『断層紀』波田野州平(はたの・しゅうへい)(2018年、75分)
長編コンペティション作品 長編コンペティション作品
【短編部門】
記録なのかフェイクなのか?
『PAKKKKKKKIS(パッキス)』相馬あかり(2016年、47分)
『YARASE〜フェイクニュースの見破り方〜』大川晃弘(2018年、40分)
未知の大陸アフリカ
『リアル・ギャングスターズ』永井陽右(ながい・ようすけ)(2017年、17分)
『マッガビット~雨を待つ季節~』松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)(2016年、28分)
『トホス tɔxɔsu』村津蘭(むらつ・らん)(2017年、27分)
家族のかたち
『Birth-つむぐいのち-おどるいのち(選)』荒井知恵、池田爆発郎、若見ありさ(2018年、26分)
『愛のカンヅメ』森岡伶奈(もりおか・れいな)(2017年、30分)
『影の由来』波田野州平(2017年、27分)
震災から七年、東北の祈り
『音なき潮騒』有元優喜(2017年、40分)
『未来につなぐために ~赤浜 震災から七年』小西晴子(2018年、52分)
辺境に生きる子どもたち
『祈りの果てに』久保田徹(2018年、28分)
『山河の子』胡旭彤(コ・キョクトウ)(2017年、57分)
レディたちのブルース
『また次階!』桑山篤(2017年、10分)
『コール・ミー・ミセス・チャン』Chan Hau Chun (陳巧真)/ Chui Chi Yin(徐智彦)(2017年、16分)
『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』松原明・佐々木有美(まつばらあきら・ささきゆみ)(2018年、55分)
少女たちの戦い—台湾・香港編—
『西索米~人の最期に付き添う女たち〜』黄威勝、賀照縈(2017年、30分)
『巨大中国と戦う“民主の女神”~香港 オタク少女の青春日記~(未来世紀ジパング特別編)』中村航(2017年、59分)
珍日本カルチャー紀行
『タヌキの里のヒミツ』川口宗一郎・山田大貴(2017年、17分)
『がらんどう』壷内里奈(2017年、26分)
『ビヨンド・ザ・ファット』今成夢人(2018年、60分)
ドキュメンタリー表現の最前衛
『10424』今治建城(2017年、10分)
『綿の意思』濱田公望(2018年、13分)
『凶暴なまでの沈黙』ヴァンサン・ギルベール(Vincent Guilbert)(2016年、20分)
『KATSUO-BUSHI』中島悠(2015年、25分)
短編コンペティション作品 短編コンペティション作品
【招待作品】
原一男・次は水俣にチャレンジ! 『MINAMATA NOW!』原一男(はら・かずお)(2016年、45分(特別編集版))
『映画になった男』金子遊(2018年、98分)
追悼!田村正毅(たむらまさき) 『三里塚・岩山に鉄塔が出来た』撮影:田村正毅(たむら・まさき) 1939―2018(1972年、85分)
招待作品 招待作品
【特別作品】
ドキュ・メメント
『ドキュメメント2018総集編』、松井至『あなたがここにいてほしい』予告編、内山直樹『マッドレスラー』 予告編ほか
設立20周年!ビデオアクト選 強制不妊手術を問う
『忘れてほしゅうない』ビデオ・アクトとは?(2004年、24分)
『ここにおるんじゃけえ』下之坊修子 (しものぼう・しゅうこ)(2010年、97分)
昭和の輝き 東京オリンピック
『オリンピックを運ぶ』野田眞吉・松本俊夫(1964年、43分)
『あるマラソンランナーの記録』黒木和雄(くろき・かずお)1930-2006(1964年、63分)
中国インディペンデント映画の現在
『ザ・デイズ3』魏晓波(ウェイ・シャオボー)(2017年、90分)
国境を越える「ドック・ノマズ」短編集
『月と太陽と銃兵』ヴァハグン・ハチャトリヤン(Vahagn Khachatryan)(2017年、20分)
『パルス』ロビン・ベトレ(Robin Petré)(2015年、26分)
『ウィズ・オール・アワ・カメラズ』ミゲル・ロペス・ベラーザ(Miguel López Beraza)(2016年、26分)
没後25年 映像作家・野田眞吉特集
『この雪の下に』(1956年、33分)
『マリン・スノー-石油の起源-』(1960年、25分)
『ふたりの長距離ランナーの孤独』(1966年、9分)
『冬の夜の神々の宴-遠山の霜月祭』(1970年、37分)
特別作品 特別作品
【上映スケジュール】
12月1日(土) 
10:00~/原一男 次は「水俣」にチャレンジ
19:00~/『破天荒ボクサー』 監督:武田倫和
12月2日(日)
9:45~/『辺野古抄』 監督:八島輝京
19:00~/「記録なのか、フェイクなのか」
12月3日(月)
10:00~/『OKINAWA1965』 監督:都鳥伸也
19:00~/「ドキュ・メメント」
12月4日(火)
10:00~/ビデオアクト傑作選「強制不妊手術を問う」
19:00~/「未知の大陸アフリカ」
12月5日(水)
10:00~/『タリナイ』監督:大川史織
19:00~/「家族のかたち」
12月6日(木)
10:00~/「震災から7年、東北の祈り」
19:00~/『双子暦記・私小説』監督:原將人
12月7日(金)
10:00~/『抱く(HUG)』監督:海南友子
19:00~/「辺境に生きる子どもたち」
12月8日(土)
10:00~/「レディたちのブルース」
19:00~/『日常対話』監督:黄恵偵
12月9日(日)
9:45~/「東京オリンピック1964」
19:00~/「少女たちの戦い ~台湾・香港編~」
12月10日(月)
10:00~/「中国インディペンデント映画の現在」
19:00~/『映画になった男』監督:金子遊
12月11日(火)
10:00~/追悼・田村正毅 『三里塚・岩山に鉄塔ができた』
19:00~/「珍日本カルチャー紀行」
12月12日(水)
10:00~/『チャルカ 未来への糸車』監督:島田恵
19:00~/「ドキュメンタリー表現の最前衛」
12月13日(木)
10:00~/国境を越える「ドッグ・ノマズ」短篇選
19:00~/『うつろいの木』監督:岡本和樹
12月14日(金)
9:45~/「野田眞吉特集」
19:00~/『断層紀』監督:波田野洲平


【会場】
新宿ケイズシネマ 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
TEL:03-3352-2471 FAX:03-3352-2472 HP:www.ks-cinema.com


【チケット】
※発売開始日・販売場所に関しましては、決定次第公式サイトでお知らせします。
前売: 1,300円 3回券=3,300円(複数人使用可・期間中も販売)
当日: 一般=1,500円均一 シニア=1,000円
●各回定員入れ替え制
●上映開始後のご入場は、お断りさせていただく場合がございます
●3回券やフリーパスをお持ちでも、満席の場合は入場を お断りさせていただく場合がございます
●作品により画像、音声が必ずしも良好でない場合がございます。あらかじめご了承ください


【東京ドキュメンタリー映画祭 公式サイト】
tdff-neoneo.com
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸