• twitter
  • facebook
  • instagram

芸能人・スポーツ選手ご用達! 入手困難「古代豚」のしゃぶしゃぶが食べられるお店[東京・六本木]

ニュース 2018/10/18
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
株式会社ローズクリエイトが展開する「豚しゃぶ しくら」(東京都港区六本木)では、入手困難な「古代豚」のしゃぶしゃぶを提供している。
血統にこだわり、飼育にこだわり、肉処理にこだわる「幻の古代豚」をリーズナブルに提供 血統にこだわり、飼育にこだわり、肉処理にこだわる「幻の古代豚」をリーズナブルに提供

豚肉の原点「ヨークシャー種」が復活!

同店は、血統にこだわり、飼育にこだわり、肉処理にこだわる「幻の古代豚」をリーズナブルに提供する六本木の隠れた名店。


日常食べている豚肉は、たくさん生産できるように繰り返し改良され、短い時間でつくりだせるようになった豚肉だが、昨今「古代豚」に注目が集まっている。「古代豚」は全国的に見ても生産農家が少なく、現在では希少な品種「ヨークシャー種」の豚肉だ。


生産効率が悪い豚は、すなわち良質だと言える。「古代豚」は血統・飼育・肉処理とすべてにおいて、莫大な手間と時間がかかるが、とにかく肉のきめが細かく、臭みもなく旨味の成分や栄養価も高いとされているという。おいしさの8割は品種、2割は飼料で決まると言われる豚肉だが、古代豚はそのすべてをパーフェクトに満たしている。
肉のきめが細かく、臭みもなく旨味の成分や栄養価も高い「古代豚」 肉のきめが細かく、臭みもなく旨味の成分や栄養価も高い「古代豚」
本格的に豚肉が食べられるようになったのは、戊辰戦争(1868年)の時にイギリスから「ヨークシャー種」の豚が伝わってから。太平洋戦争後に高度成長期を迎え、生産効率の悪い「ヨークシャー種」は次第に食べられなくなっていった。そしてまた今、生産者の努力により豚肉の原点「ヨークシャー種」が復活を遂げ、昭和初期まで食べられていた、ゆっくり丁寧に育てた豚肉がまた食べられるようになった。


芸能人・スポーツ選手などがひっそりと利用している、入手困難な「古代豚」のしゃぶしゃぶが食べられる都内唯一の店が、「豚しゃぶ しくら」。血統にこだわり、飼育にこだわり、肉処理にこだわる「幻の古代豚」をリーズナブルに提供する。
入手困難な「古代豚」のしゃぶしゃぶが食べられる都内唯一の店 入手困難な「古代豚」のしゃぶしゃぶが食べられる都内唯一の店
豚肉のおいしさをダイレクトに味わうには「しゃぶしゃぶ」が一番。昭和初期に食べられていた「富士古代豚」がしゃぶしゃぶとして、しかも食べ放題3,900円~とリーズナブルな料金で味わえる。立地も場所もお洒落な場所で、「私だけが知っているお店」には持って来いのロケーションとなっている。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸