• twitter
  • facebook
  • instagram

「小樽洋菓子舗ルタオ」、そごう横浜店に期間限定出店──北海道スイーツが身近に[神奈川・横浜市西区]

ニュース 2018/9/6
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
北海道のお取り寄せスイーツとして人気の「小樽洋菓子舗ルタオ」は9月4日(火)~17日(月・祝日)、神奈川横浜市・そごう横浜店で開催される「第34回 秋の北海道 物産と観光展」(8階催会場)へ期間限定で出店している。
20周年記念ケーキ「ルコッタ」1,944円(税込)が北海道外で初出品 20周年記念ケーキ「ルコッタ」1,944円(税込)が北海道外で初出品

北海道産かぼちゃスイーツ&初出品の20周年記念ケーキがマストバイ!

今回は、会場で楽しめる秋の新作スイーツを用意。ほかにも記念スイーツなど、これまで以上に豪華なラインナップで来場者を迎える。


初出品となる新商品「ルタオサンデー~北海道産栗マロンかぼちゃ~」は、北海道産"栗マロンかぼちゃ"とジャージーミルクのソフトクリームを使用した、秋限定のサンデー。同店一番人気のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」とともに、北海道素材の旬の味わいを楽しめる。価格は540円(税込)。
「ルタオサンデー~北海道産栗マロンかぼちゃ~」540円(税込) 「ルタオサンデー~北海道産栗マロンかぼちゃ~」540円(税込)
また、2018年6月にルタオがブランド20周年を迎えたことを記念し、こだわり抜いて作り上げた20周年記念ケーキ「ルコッタ」を、北海道外で初めて出品。ブランド20周年を迎えるにあたり、「20歳の私たちが作れるスイーツはなんだろう」と試行錯誤を重ね、ついに完成させたという。
「ルコッタ」--上から、断面・絞り出し・積み重ねの様子 「ルコッタ」--上から、断面・絞り出し・積み重ねの様子
イタリアではお馴染みの"リコッタチーズ"は、低脂肪でさっぱりとした味わいで口当たりもよく、ミルクの自然な甘みが感じられる乳製品。そのリコッタチーズの良さを日本に伝えたく思い、イタリアの伝統菓子「スフォリアテッラ」をヒントに、同商品を開発した。名前の由来は「ルタオ+リコッタ」で、「手の凝った」という意味も込めている。


ふわふわで口どけのよいオムレット生地で、リコッタチーズとカスタードクリームを交互にサンド。生地のやさしい口当たりが、クリームの味わいと素材のフレッシュさを際立たせている。極めてシンプルな組み合わせなのにも関わらず、今までになかった初めてのおいしさを実現。ルタオの歴史を積み重ねた一品となっている。直径11cmで、価格は1,944円(税込)。


出店期間は、9月4日(火)~17日(月・祝日)10時~20時。最終日は18時閉場。会場は、そごう横浜店 8階催会場(神奈川県横浜市西区高島)。


※商品は在庫に限りがある
※商品・出店内容は、急遽変更となる場合がある
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸