• twitter
  • facebook
  • instagram

東京マリオットホテル、秋を愉しむ美食ディナー&ランチを提供開始[東京・品川]

ニュース 2018/8/29
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
東京マリオットホテル(東京都品川区北品川)は9月1日(土)~11月30日(金)までの期間、1階「ラウンジ&ダイニング G」にて、「Grilled Combo Dinner AUTUMN(グリルコンボディナー オータム)」を提供する。
「Grilled Combo Dinner AUTUMN」を提供 「Grilled Combo Dinner AUTUMN」を提供

日本各地の美味を探訪、秋を味わう贅沢なディナー&ランチを提供

同企画は、「Local Farms to Tokyo Tables(ローカル ファームズ トゥ トーキョー テーブルズ)2018」をテーマに日本各地の秋の食材にフィーチャーしたメニューを楽しめるディナー。北は北海道産知床鶏から南は鹿児島県産黒豚まで、シェフが厳選した日本全国の美味と旬の味覚が織りなすリッチなディナーコースを、繊細でエレガントな味わいのホテルオリジナル国産プレミアムワイン「キュヴェ マリオット 2013」と共に提供。季節の移ろいを五感で感じる、同ホテルならではの洗練された料理の数々を堪能できる。
グリルコンボディナー イメージ(2名分) グリルコンボディナー イメージ(2名分)
「キュヴェ マリオット 2013」 「キュヴェ マリオット 2013」
日本各地の贅を集めたスタイリッシュなシェアスタイルのディナーコースで、美食の旅に。メインの3種の肉料理「北海道産知床鶏のコンフィ トリュフの香り」「鹿児島県産黒豚肩ロースのカルボナード風」「茨城県産常陸牛サーロインのグリル」はすべて調理法を変え、それぞれの素材の旨味を引き出した。


肉厚で味わい深い北海道産知床鶏は低温でじっくりと調理し、皮はパリッと肉はジューシーに仕上げ、香り高いトリュフの風味をまとった贅沢な逸品に。鹿児島県産黒豚はベルギー郷土料理のカルボナード風にし、ほろほろほどける肉の柔らかさと奥深い味わいに仕立てた。茨城県の指定された生産者が飼育した黒毛和種の牛のうち上質なものだけを選りすぐった"常陸牛"のサーロインは、グリルにすることで脂の甘さが際立つ。


そのほかにも「福島県産メイプルサーモンのビーツマリネ」や「信州産きのこの旨味を引き出したスープ」など、日本各地の美味を取り揃えた。北から南まで全国各地の食材をふんだんに使ったシェフの技が光る料理で、自然豊かな"日本の秋"を体感できるという。提供期間は、9月1日(土)~11月30日(金)。時間は、17時~22時(L.O.)。料金(税サ別)は、1名7,500円。


また、好評の週末限定のランチブッフェが秋色に染まる「AUTUMN Weekend Lunch Buffet(オータム ウィークエンド ランチブッフェ)」も展開。

サイドディッシュブッフェ(イメージ) サイドディッシュブッフェ(イメージ)
栗や南瓜など秋のおいしい味覚をふんだんに使った前菜をはじめとするサイドディッシュ、選ぶのも楽しい見た目もかわいらしいスイーツはブッフェスタイルで、メインディッシュはテーブルオーダースタイルで味わえる。吹き抜けの開放感あふれる空間でシェフの趣向を凝らしたメニューを堪能できる、休日だけの特別なランチタイムとなるという。9月1日(土)~11月25日(日)の土日・祝日限定。時間は、12時~14時30分(L.O.)。料金(税サ別)は、大人4,800円 / 子ども2,800円。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸