• twitter
  • facebook
  • instagram

都会にあるツリーハウスカフェ「椿森コムナ」に、この夏限定リヤカーBARが登場[千葉・千葉公園]

ニュース 2018/8/7
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
株式会社拓匠開発は8月31日(金)まで、JR「千葉」駅より徒歩9分のカフェ&コミュニティスペース「椿森コムナ」(千葉県千葉市中央区椿森)にて、8月の企画イベント「夏KOMUNA」を開催している。
コムナ式ビアガーデンにリヤカーBARが初登場 コムナ式ビアガーデンにリヤカーBARが初登場

アウトドア空間で楽しむコムナ式ビアガーデン

同社が手がける「椿森コムナ」は、「ツリーハウスの街による環境保全活動」によりグッドデザイン賞を受賞したカフェ&コミュニティスペース。ツリーハウス2棟、可動式タイニーハウス(小屋)2台、エアストリーム(キッチンカー)、ハンモックスペースを集めた。
ツリーハウス、可動式タイニーハウスなどを備えた「椿森コムナ」 ツリーハウス、可動式タイニーハウスなどを備えた「椿森コムナ」
全米で住みたい街No.1の都市ポートランド(米オレゴン州)の「人と環境にやさしい街」を参考に企画、設計を行った。地域にある遊休地、建設現場からの廃材、解体現場からの廃材、造成活動のために伐採された樹木などの、身の回りにある"もったいない"を有効利用し製作している。
エアストリーム(キッチンカー)でドリンクやフードを提供する エアストリーム(キッチンカー)でドリンクやフードを提供する
千葉公園の前、高台に位置し木陰にたたずむ同施設が今回、夏を涼しく過ごせる設えに模様替えを実施。今年の夏は「涼」をテーマに、「夏KOMUNA」を開催する。


同企画は、「椿森コムナ」マネージャーかつアーティストであるJesus(ジーザス)がプロデュースを担当。夕暮れ時になると施設の中心にリヤカーを改造したリヤカーBARが初登場し、大人な雰囲気へと変化する。このリヤカーBARは、日没後に開催するコムナ式ビアガーデンにて米国ビール「BLUE MOON」専用BARとして、8月だけ限定オープンする。
夕暮れ時になると、リヤカーを改造したリヤカーBARが現れる 夕暮れ時になると、リヤカーを改造したリヤカーBARが現れる
さらにこの夏、新しいシステム・ドライミストを導入、いつよもり涼しい夏を楽しめる。また、子どもたちの夏休み期間にちなみ、アウトドア空間で体験する「夏休み自由研究」ワークショップも開催。講師と一緒に学びながら作品を作ることができる。
 

営業時間は、月~木 7時~17時。金~日(祝)7時~21時で不定休。入場無料。なお、季節によって営業時間が変更となる。

  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸