• twitter
  • facebook
  • instagram

「ほろよい」×「アイスの実」を使った、「夏の酒フェス」が開催決定[東京・芝浦]

ニュース 2018/7/5
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
酒フェス実行委員会は7月12日(木)~16日(月・祝)、「ほろよいとアイスの実を使ったの夏の酒フェス」を、BBQ Lounge CRIB(東京都港区海岸)にて開催する。
「ほろよいとアイスの実を使ったの夏の酒フェス」を開催 「ほろよいとアイスの実を使ったの夏の酒フェス」を開催

「ほろよい」と「アイスの実」を組み合わせて作るオリジナルカクテルイベント

「酒フェス」は、ビール・日本酒・ワイン・焼酎・梅酒など、毎回お酒のテーマを変えて行う利き酒イベント。テーマ毎にお酒を飲み比べし、新たな発見をしてもらうことをいちばんの目的に、全国各地で開催している。


今年の「夏の酒フェス」は、"日本初"となる新しいコラボ企画。全国から20種類の「ほろよい(サントリー酒類)」を集めて、「アイスの実(江崎グリコ)」3種類を使った夏らしいオリジナルカクテルを飲み比べることができる。
「ほろよい」と「アイスの実」がコラボしたオリジナルカクテルが楽しめる 「ほろよい」と「アイスの実」がコラボしたオリジナルカクテルが楽しめる
アルコール度数3%で微炭酸のやさしい飲み心地の「ほろよい」で統一されたお酒に、ひんやりとおいしくコロコロ丸くてかわいい見た目の「アイスの実」を入れるため、何杯でも飲めてしまいそうな仕上がりとなっている。懐かしの「ほろよい」シリーズも、酒フェス限定で蘇える。めちゃくちゃキュートでしゅわしゅわ嬉しいカクテルがそろう、女子の心をくすぐるまったく新しい夏の酒フェスの誕生となるという。
全国から20種類の「ほろよい(サントリー酒類)」を集めた 全国から20種類の「ほろよい(サントリー酒類)」を集めた
「アイスの実(江崎グリコ)」は3種類を使用 「アイスの実(江崎グリコ)」は3種類を使用
さらに、毎回酒フェスに登場するお祭りをイメージした食べ放題の屋台は、今回はじゃがバターに決定。毎回定番のBBQや流し素麺も付いている。お酒はすべて飲み放題、BBQも食べ放題で、サントリー「サウザクーラー」がお土産で参加者全員にプレゼントされる。参加費3,500円(税込)という価格設定で2018年夏本番直前を盛り上げるという。
お祭りをイメージした食べ放題の屋台は、じゃがバターに決定 お祭りをイメージした食べ放題の屋台は、じゃがバターに決定
過去の「酒フェス」開催の様子 過去の「酒フェス」開催の様子
開催期間は、7月12日(木)~16日(月・祝)。会場は、BBQ Lounge CRIB(東京都港区海岸)。参加費は税込3,500円で、SNS割引特典あり。参加資格は、満20歳以上。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸