• twitter
  • facebook
  • instagram

空き部屋の活用による自宅のシェアハウス化を支援、第1弾が茅ヶ崎に誕生

ニュース 2018/6/10
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
Hidamari株式会社はこのほど、ワークスペース付きシェアハウス「アートワーク茅ヶ崎」を公開、入居希望者の募集を開始した。
ワークスペース付きシェアハウス「アートワーク茅ヶ崎」 ワークスペース付きシェアハウス「アートワーク茅ヶ崎」

"シェアホスト" で、高齢化+空き家問題も同時に解決

同社は、熊本発でコミュニティ重視型シェアハウス事業を展開し、熊本、福岡、東京、鎌倉・湘南、横浜、埼玉の6エリアで合計27棟の物件を運営管理している。これまでは、誰も住んでいない空き物件を活用したシェアハウス運営を行ってきたが、今回新たに、物件オーナーが住んでいる自宅空き部屋を活用したシェアハウス運営を開始。物件オーナーも "シェアホスト" として一緒に暮らすスタイルで、同物件は、この取り組みの第1弾となる。
陽当たりのよいリビング 陽当たりのよいリビング
"シェアホスト" は、シェアハウスに同居する物件オーナーで、シェアハウス立ち上げ時に丁寧なヒアリングを行い、コンセプトやライフスタイル、目指すコミュニティ像などはシェアホストに寄り添ったかたちとなる。シェハウス運営が始まってからは物件の管理者ではなく、あくまで住人の1人として役割分担などにも参加しながら生活する。
内装は木を中心とした温かみのある雰囲気 内装は木を中心とした温かみのある雰囲気
物件周辺は閑静な住宅街で、近くの海まで徒歩圏内となる。デザインは、シェアホストであるヨーロッパ出身のガブリエル久保氏が行っており、内装は木を中心とした温かみのある雰囲気。陽当たりのよいリビング、緑に囲まれ風を程よく感じられるベランダ、広々としたワーキングスペースなど、暮らす人のクリエイティビティを解放してくれそうなシェアハウスとなっている。
物件オーナーも "シェアホスト" として一緒に暮らす 物件オーナーも "シェアホスト" として一緒に暮らす
"シェアホスト" のガブリエル久保氏 "シェアホスト" のガブリエル久保氏
シェアホストであるガブリエル久保氏は、「私はフラワーデザインの仕事をしているのですが、自宅の一部の部屋が空いている状態です。空き部屋を有効活用し、シェアハウスにすることで、面白い人が入ってきてくれれば、私にとってもよい刺激があるかもしれないなと思っています。また、いずれ東京へ引っ越すことも考えているのですが、そうなるとこの家が空き家になってしまいます。その時のために『この家に住みたい人がいるのか?』『使ってくれる人がいるのか?』と一度確かめるためにも、現在空いている部屋をシェアハウスとして貸し出そうと決めました」とコメントしている。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸