• twitter
  • facebook
  • instagram

ローストビーフの日にちなみ610gの肉の山、"本気盛り" を610円で提供[東京・日暮里]

ニュース 2018/6/8
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
東京・日暮里でローストビーフを看板商品として洋食屋を展開している株式会社アプランティが手掛ける「匠のローストビーフ キッチンフォーク」(東京都台東区根岸)は、6月10日(日)のローストビーフの日にちなみ、「匠のローストビーフ 本気盛りサイズ」を、通常価格5,980円から数量限定の610円(税込)で提供する。
「匠のローストビーフ 本気盛りサイズ」を、610円で提供 「匠のローストビーフ 本気盛りサイズ」を、610円で提供

1年に一度のローストビーフの日だからこそ気軽に楽しみたい

ローストビーフと聞くと、通常スーパーやお店でしか食べることができないといったイメージを持たれており、まだまだ日本ではイギリスのように、自宅で日常食(すき焼きや焼肉)として食卓に並ぶことがないのが現状となっている。その背景には一般の家庭では設備や手間がかかりすぎるということも影響している。
しっとりとしたローストビーフを楽しめる しっとりとしたローストビーフを楽しめる
同店ではそんなローストビーフを「リーズナブルに」「お腹いっぱい」楽しんでもらいたいとの想いから、期間限定企画を実施することにしたという。
丁寧に焼き上げたローストビーフ 丁寧に焼き上げたローストビーフ
6月10日(ローストビーフの日)を含む前後3日間、ローストビーフを楽しんでもらうための数量限定企画として、皿からはみ出るほどの量(610g)を盛り込んだ "本気盛り" 通常5,980円相当を、610円という破格の料金で提供。店主が本気でビックリして喜んでもらえるようにと考案した、見た目のインパクトと豪華さを兼ね備えた高さ約20cmの日本一(※同社調べ)の肉山となっている。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸