• twitter
  • facebook
  • instagram

日光・四代目徳次郎の天然氷を削ったかき氷 「氷室守」を販売開始[滋賀・大津]

ニュース 2018/6/7
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
株式会社「叶 匠寿庵(かのう しょうじゅあん)」は6月7日(木)、「氷室守(ひむろもり)」シリーズを販売開始する。
「氷室守〈完熟あまおう〉」1,404円(税込) 「氷室守〈完熟あまおう〉」1,404円(税込)

1日30食限定、完熟あまおうを丸ごと10個使用したリッチなかき氷

同商品は、栃木県日光市の四代目徳次郎の天然氷を使用したかき氷。


天然氷の生産は全国でわずか5軒でしか行われておらず、その内の一つである「四代目徳次郎」での氷づくりは、水を張るための土づくりから始まり、よい氷ができるまで割っては捨てるというもの。雪が降れば、氷に不純物が入ってしまうため徹夜で雪かきをするなど、たいへんな手間と根気が必要な作業の積み重ねの結果、純度の高い氷ができ上がるという。今年の1月には同社女性和菓子職人も氷の切り出しに参加し、天然氷のルーツを知ることで、かき氷のレシピに活かしている。


2017年に新登場した苺味は、完熟あまおうをまるごと10個使用し果肉や風味をリッチに味わう「氷室守〈完熟あまおう〉」にリニューアルし、1日30食限定で販売する。


ふわふわとした口どけのよい天然氷は雑味が少なく、素材をまるごと使用した完熟あまおうのソースを引きたてる。和菓子職人ならではの感性と技術で生み出した完熟あまおうのソースは、風味と苺本来の鮮やかな赤色を残しており、ごろごろとした果肉の食感も味わえる。
「氷室守〈城州白梅〉」1,296円(税込) 「氷室守〈城州白梅〉」1,296円(税込)
「氷室守〈完熟あまおう〉」の販売期間は、6月7日(木)~2018年9月頃(予定)。価格は、1,404円(税込)。販売店舗は、滋賀県大津市大石龍門・「寿長生の郷」内「囲炉裏茶房」。喫茶・甘味の営業時間は、10時~17時(L.O.16時15分)。水曜定休日。
「氷室守〈みぞれ小豆〉」1,080円(税込) 「氷室守〈みぞれ小豆〉」1,080円(税込)
なお「氷室守」シリーズ「氷室守〈城州白梅〉」1,296円(税込)、「氷室守〈みぞれ小豆〉」「氷室守〈小豆抹茶〉」各1,080円(税込)は、「寿長生の郷」および「叶 匠壽庵 草津店」で販売している。販売期間は同じく、6月7日(木)~2018年9月頃(予定)。
「氷室守〈小豆抹茶〉」1,080円(税込) 「氷室守〈小豆抹茶〉」1,080円(税込)
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸