• twitter
  • facebook
  • instagram

つくば市で、食事にもこだわったクラフトビールイベントを開催[茨城・つくば]

ニュース 2018/6/7
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
つくばクラフトビアフェスト実行委員会は7月14日(土)・15日(日)の、3連休の前半2日間に、茨城県つくば市吾妻・つくばセンター広場にて「つくばクラフトビアフェスト2018」を開催する。
2018年キービジュアル。テーマは「となりのごはんに、フォーリンラブ」 2018年キービジュアル。テーマは「となりのごはんに、フォーリンラブ」

「となりのごはんに、フォーリンラブ」がテーマのビアフェスト

夏は、おいしいビールをしっかり味わいたい季節。同イベントの2日間は、約100種類という、屋外ビアガーデンでは体験できない種類のクラフトビールを、昼間から味わうことができる。

クラフトビールは1杯300円~ クラフトビールは1杯300円~
つくば駅徒歩3分にある「つくばセンター広場」内に、全国21店舗100種類のクラフトビールと、つくば市内外10店舗40種類のフードブースが出店予定。クラフトビールは1杯300円~という、さまざまな種類を試し飲みしやすい値段設定で提供する。

全国の21ブルワリーがつくばセンター広場に集う 全国の21ブルワリーがつくばセンター広場に集う
フード店舗はつくば市内外から出店 フード店舗はつくば市内外から出店
クラフトビールのイベントでビールがおいしいのは当たり前。そこで今年は、フード店舗の内容にも力を入れた。フード店舗はつくば市内外から出店。提供される食事は、定番の肉料理はもちろん、ハンバーガー、フィッシュアンドチップス、ピザ、ガレット、キーマカレー、ショコラテリーヌ、ピクルスなどを予定している。出展するフード店舗の募集の際は、おいしさだけでなく「作り手の人柄や背景の持つ魅力」「素材が生み出されている現場への意識」も強く意識したとのことだ。
「ビールだけでなく、フードもおいしい」ビアフェストを目指す 「ビールだけでなく、フードもおいしい」ビアフェストを目指す
ビールが飲めない人も楽しめるマルシェ ビールが飲めない人も楽しめるマルシェ
また、フード店舗の充実だけでなく、ステージイベントやマルシェも企画しており、ファミリー層、ハンドルキーパーでも楽しめるクラフトビールのイベントとなるという。
バンド、弾き語り、ダンスなどのパフォーマンスが行われる バンド、弾き語り、ダンスなどのパフォーマンスが行われる
ファミリー層や子どもも参加できるワークショップも企画中 ファミリー層や子どもも参加できるワークショップも企画中
車の往来がない場所なので、のんびり楽しめる 車の往来がない場所なので、のんびり楽しめる
開催日時は、7月14日(土)・15日(日)11時~22時(両日ともラストオーダー21時)。会場は、つくばセンター広場(茨城県つくば市吾妻)。入場は無料。


※画像は過去の開催の様子
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸