• twitter
  • facebook
  • instagram

蒸し料理専門店で、"あたたかいお寿司"「蒸し寿司」フェア開催[東京・品川]

ニュース 2018/6/1
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
株式会社ダイヤモンドダイニングが運営する蒸し料理と炭火焼きの専門店「霧乃個室清郎(きりのこしつせいろう)品川店」(東京都港区港南)は6月1日(金)~8月31日(金)、「蒸し寿司フェア」を開催する。
「霧乃個室清郎」で、「蒸し寿司フェア」を開催 「霧乃個室清郎」で、「蒸し寿司フェア」を開催

米も具材もふっくらと、とろけるような舌触り

「蒸し寿司」とは、せいろで蒸した温かい寿司のこと。手のひらサイズの玉手箱のような器に一つ一つ詰めた「みやぎサーモン」や「秋田錦牛」、「うに」「いくら」「海老&アボカド」など豪華食材の数々は、見た目もとても華やかな仕上がりとなっている。
せいろで蒸した温かい寿司「蒸し寿司」を提供 せいろで蒸した温かい寿司「蒸し寿司」を提供
高級肉や、生のまま刺身としても食べても十分おいしい新鮮な魚をあえて蒸すことで、米と具材はふっくらとなり、また旨みがギュッと凝縮される。さらに、一度冷やして寝かせてから蒸すことで、酢飯のツーンとした香りが程よく抜け、まろやかになるという。暑さで食欲がない夏でも身体に優しく、サッパリと楽しめる新感覚の味となっている。
「みやぎサーモン×いくら」 「みやぎサーモン×いくら」
「秋田錦牛炙り×うに」 「秋田錦牛炙り×うに」
今回のフェアでは全11種の蒸し寿司を用意。メニューは一例として、高級ブランドとして知られる宮城県・三陸の海に育まれた「みやぎサーモン」に別添えのいくらを合わせた「みやぎサーモン×いくら」、秋田県が誇る「秋田錦牛」を蒸すことで肉の脂が「あきたこまち」を使用したシャリにもよくなじむ「秋田錦牛炙り×うに」、脂がよくのったお腹がわの部分を用いた「鰤(ぶり)×大根おろし」、生のままでも十分おいしい高級うにを特別に取り寄せた「高級!生うに」など。価格(税別)は1個380円~480円。
「鰤(ぶり)×大根おろし」 「鰤(ぶり)×大根おろし」
「高級!生うに」 「高級!生うに」
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸