• twitter
  • facebook
  • instagram

京都の遊郭跡地に、古民家をフルリノベした宿泊施設がオープン

ニュース 2018/4/2
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
株式会社マックは2018年4月1日(日)、明治時代の京町家をフルリノベーションし、1グループが家を貸し切って利用できる宿泊施設「京都漆楼わかさや」(京都府京都市左京区)を開業する。同物件は川端二条に位置し、地下鉄三条京阪駅から徒歩7分、観光名所である平安神宮や京都御所などへも徒歩で行くことができる。
「京都漆楼わかさや」正面外観 「京都漆楼わかさや」正面外観

「京町家カルテ」が発行された宿泊施設

京都市の関連事業である「京都市景観・まちづくりセンター」が、大学教授など建築専門家の調査の上、一定の基準を満たす町家だけに発行される「京町家カルテ」。同物件には、そのカルテが発行されており、その調査の中でこの家は西暦1901年(明治34年)ごろ、120年ほど前に建てられたことが判明したという。また、周辺は江戸・明治時代にかけて「二条新地」と呼ばれたとても大きな遊郭があった。「京町家カルテ」の地図にもあるように、この家の並びは「茶屋」の造りであり、近辺に昔の遊郭建築の名残が見られる家が残っている。
土間リビングより 土間リビングより
夕暮れの床の間 夕暮れの床の間
京都らしい風情ある街並みを守るため京都市も助成金などを出しており、同物件も市の助成金も利用し改装している。また、以前のオーナーであり、70年間住んでいた千代子おばあちゃんに会いに行き、家の歴史や思い出話を聞き、とりまとめたストーリーを家の物語として設置。家の思い出話を知ることで、さらに心に残る宿泊が可能となる。
格子の内側から 格子の内側から
通り庭を二階から 通り庭を二階から

内装・設備へのこだわりにも注目

内装は、古き良き部分はそのまま保存。おくどさん(竃)を利用していた時の、煤で黒光りしている風情ある吹き抜けの壁を残している。漆をテーマに京都の漆作家、東端唯氏にオリジナルのダイニングテーブルやパネルなど作ってもらい、随所にディスプレイ。ほかにも、800年の伝統があり京都府指定無形文化財とされている黒谷和紙(R)の作家である、ハタノワタル氏の作品を二階天井に使用した。
主寝室 主寝室
キッチン キッチン
二階和室 二階和室
武者小路千家の庭も手掛ける佐野健介氏の、趣ある庭を眺めながら入浴できる檜風呂。ふすま紙は、丸二の「京からかみ」、文化2年創業・室金物のふすま引手など、伝統工芸の美しさが感じられるよう細部までこだわっている。また照明デザイナーの小川ユウキ氏にライティング設計を依頼し、どのシーンを切り取っても絵になる仕上がりとなっている。
一階和室 一階和室
庭と檜風呂 庭と檜風呂

清水焼の食器に、最新家電も完備

清水焼(きよみずやき)は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指してそう言っていたのが始まり。施設内の食器は、五代目清水六兵衛のひ孫である清水大介氏が作るモダンなTOKINOHAブランドのものを使用している。


寝具はエアウィーブのクイーンサイズマットレスと、敷布団。バルミューダのトースター・電子レンジ・電気ポット、パナソニックの洗濯乾燥機、ダイソンのドライヤーなど、最新家電も自由に遣うことができる。キッチンには調理器具や調味料も完備しており、長期滞在にも可能となっている。予約は、Booking.comから可能となる。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸