• twitter
  • facebook
  • instagram

「鷺沼」駅前に、保育園・学生マンションから成る複合施設がオープン

ニュース 2018/3/29
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
東急電鉄株式会社はこのほど、同社がコンサルティングを行った複合施設「ラ・ルーチェ鷺沼」(神奈川県川崎市宮前区)が2018年4月2日(月)に全体開業する、と発表した。
「ラ・ルーチェ鷺沼」外観イメージ 「ラ・ルーチェ鷺沼」外観イメージ

子育て環境の向上、さらなる若年世代の流入を促し、「日本一住みたい沿線」を目指す

同社は、これまで培ってきた街づくりのノウハウや東急グループ各社の強みを生かし、資産価値向上・課題解決に向けたさまざまな施策をワンストップで提案する資産活用のコンサルティング事業を展開。同物件は、地元地権者からの「地域と共生した、生活利便性を高める施設をつくりたい」という要望に基づき、同社がコンサルティングを行った複合施設となる。


保育園と学生マンションから成る地上5階建ての複合施設で、1階は認可保育園施設「ピュアリー鷺沼保育園」として開業。運営は、宮前平などで保育園を展開する株式会社フェイスフルラバーズが行う。また、2階から5階については、株式会社ジェイ・エス・ビーが運営する総戸数28戸の学生マンションとして、2月から入居を開始している。


同社では今後も、街づくりのノウハウやグループ各社の強みを生かしたコンサルティング事業を通して、地域のまちづくりと協同し、さらなる沿線価値の向上を通じて、「日本一住みたい沿線 東急沿線」を実現する、としている。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸