• twitter
  • facebook
  • instagram

天丼てんや、「桜海老天丼」と「チャーシュー(三兄弟)天丼」販売

ニュース 2018/3/20
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
天丼てんやは2018年3月20日(火)~4月25日(水)(予定)、季節限定メニューの「桜海老天丼」と、肉天丼シリーズより映画『曇天に笑う』とのコラボレーション商品、あっぱれ 天曇に笑う「チャーシュー(三兄弟)天丼」を販売する。

「駿河湾の宝石」桜海老を、葉大根とのかき揚げで堪能

「桜海老天丼」は、「駿河湾の宝石」と呼ばれる駿河湾産・由比港水揚げの「桜海老」を、水揚げから24時間以内に冷凍して使用。その旨みを引き立てる「葉大根」と組み合わせ、かき揚げにした。桜海老と葉大根のみの組み合わせは、同社初の試みとなる。さらに「海老」「大イカ」「穂先竹の子」「焼き海苔天」「いんげん」と、さまざまなバリエーションの天ぷらも合わせて楽しめる。みそ汁付きで、価格は860円(税込)。
「桜海老天丼」860円(税込) 「桜海老天丼」860円(税込)

映画『曇天に笑う』とコラボ! あっぱれ 天曇に笑う

あっぱれ 天曇に笑う「チャーシュー(三兄弟)天丼」は、3月21日公開の映画『曇天に笑う』とのコラボレーションにより誕生した一品。注目は、同社初登場の「チャーシュー天」で、『曇天に笑う』の主人公・曇(くもう)三兄弟をイメージし、スペイン産豚肉を使用したチャーシュー天を3枚組み合わせた。
あっぱれ 天曇に笑う「チャーシュー(三兄弟)天丼」780円(税込) あっぱれ 天曇に笑う「チャーシュー(三兄弟)天丼」780円(税込)
さらに、長男・曇天火(くもうてんか)の武器である真っ赤な扇子をイメージした「紅しょうがのかき揚げ」、曇天が晴れてゆくさまをイメージした初登場「目玉焼き風天ぷら」を楽しめるという。仕上げには、こちらも初登場の「コク甘醤油だれ」を使用。三温糖とたまり醤油のコクに味噌・生姜を隠し味で加え、飽きのこない味に仕上げたたれが素材によく合い、ご飯もすすむ仕上がりとなっている。みそ汁付きで、価格は780円(税込)。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸