• twitter
  • facebook
  • instagram

横浜赤レンガ倉庫に、大山鶏のロティサリーチキンを味わえるお店が登場

ニュース 2018/3/20
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
株式会社RYコーポレーションは2018年3月29日(木)、神奈川県横浜市・横浜赤レンガ倉庫内に「Café&Rotisserie LA COCORICO(カフェ アンド ロティサリー ラ ココリコ)横浜赤レンガ倉庫店」をオープンする。なお今回、同社が運営する、独自の製法でもちもちの食感を実現したテイクアウト専門のワッフルを販売する「Hawaiian Waffle Merengue」と2店舗同時オープンとなる。
「ロティサリーチキン」Full:2,900円(税別) 「ロティサリーチキン」Full:2,900円(税別)

驚くほどジューシーな「ロティサリーチキン」を提供

同店は、「焼き鳥とビール、この愛される組み合わせを、おしゃれに楽しめないだろうか?」という発想から誕生。メインメニューの「ロティサリーチキン」には、きれいな空気・地下天然水、専用飼料をたっぷり与えられ、のびのびと飼育されている銘柄鶏の「大山鶏」を使用している。


この「大山鶏」を専用オーブンで約50分、100℃の低温でじっくり焼き上げることで、焼いても硬くならず、驚くほど柔らかくジューシーに仕上がる。また皮が薄いので、余分な脂を落として皮面は"バリッ"っとした食感を味わうことができるという。


よい鮮度で提供するために使用するのは朝びき鶏だけで、そのため臭みがまったくない。味付けは、まろやかで味わい深くサラサラしているのが特徴のフランス産ロレーヌ岩塩だけで、チキン本来のおいしさを堪能できる。価格は、fullが2,900円、Halfは1,450円(ともに税別)。

チキンに合う、クラフトビール4種をはじめとする10種のビールを用意

そのほか、前菜やメイン料理、パスタ、ピッツァなど、イタリアンをベースに、手作りにこだわった料理の数々を提供。また、料理に負けないドリンクメニューも充実しており、ソムリエが厳選した各国のワインをはじめ、人気のハイボールをアレンジしたメニュー、その他イタリアンならではのリキュールを使ったカクテルなど、多彩なラインナップで用意した。
「春市農園ジュエルトマトと『ブッラータ』のカプレーゼ」1,680円(税別) 「春市農園ジュエルトマトと『ブッラータ』のカプレーゼ」1,680円(税別)
「タコと魚介のマリネ」850円(税別) 「タコと魚介のマリネ」850円(税別)
「フレッシュ入りトマトだらけ『ポモドーロ』」1,100円(税別) 「フレッシュ入りトマトだらけ『ポモドーロ』」1,100円(税別)
友人とのにぎやかな飲み会や家族とくつろいでの食事など、多様な用途にマッチする心地よい空間を演出する店舗となっているとのことだ。

  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸