• twitter
  • facebook
  • instagram

温泉総選挙、1月度のグルメ・名産・名所の部門別ランキングを発表

ニュース 2018/3/1
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
「温泉総選挙」事務局はこのほど、現在開催中の『温泉総選挙2017 冬の陣「~グルメ・名産・名所編~」』の1月度の総獲得票数の部門別アイテムランキングを発表した。速報結果の詳細はWEBページで公開中となっている。

第3回目となる今回のテーマは、温泉地での「消費」と「回遊」

『温泉総選挙2017 冬の陣「~グルメ・名産・名所編~」』は、観光庁・経済産業省・内閣府の後援による、温泉地の活性化推進を目的とした、全国民参加型の地域活性化プロジェクト。第3回目となる今回のテーマは、温泉地での「消費」と「回遊」となる。


各温泉地のリアルタイム情報だけでなく、各温泉地が誇るグルメ・名産品・名所などの「おすすめアイテム」をアピールすることで、国民が温泉地へ足を運ぶきっかけとなるような「総選挙」になっているという。


趣旨に賛同した全国の温泉地がその魅力・自慢をアピールするため、9つの部門から3部門を選択してエントリー(エントリー温泉地は107温泉地)。各部門から公式WEBサイト上で、お気に入りの「温泉地おすすめアイテム」に投票することができる。公式WEBサイトにて温泉地の生きた情報を提供することを始め、投票者には、旅行券を抽選で毎月プレゼントする。総選挙は3月末まで開催する。


1月度 部門別 アイテムランキングは、以下の通り。


【グルメ部門】
1位・嬉野温泉「嬉野温泉湯どうふ」(413票)

【お酒部門】
1位・層雲峡温泉「神川」(614票)

【お土産・名産品部門】
1位・嬉野温泉「うれしの茶」(363票)

【泉質部門】
1位・嬉野温泉「嬉野温泉」(336票)

【伝統工芸品部門】
1位・玉造温泉「出雲型まがたま」(381票)

【名所部門】
1位・南紀白浜温泉「白良浜」(213票)

【日帰り部門】
1位・紀州有田川「かなや明恵峡温泉」(132票)

【フォトジェニック部門】
1位・層雲峡温泉「第43回層雲峡温泉氷瀑まつり」(627票)

【アウトドア部門】
1位・信州秋山郷「苗場山」(150票)


また、このほどInstagramのアカウントも開設。各温泉地の風景やイベントの様子など、Instagramならではの情報発信を通して、より温泉の楽しさ・素晴らしさを伝えていくとしている。

  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸