• twitter
  • facebook
  • instagram

【PR】賃貸住宅でも“ガレージがある暮らし”を実現! 木下の賃貸「Espace」とは?

お金 2018/6/25
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ

[PR]提供:株式会社 木下の賃貸

家の中にガレージがあれば、愛車のある暮らしを満喫できる!

インナーガレージがある家で暮らせば、どんな生活が待っているのでしょうか? もし、屋外に愛車を駐車していれば風雨にさらされますし、イタズラされてしまう可能性もあります。

自宅外で駐車場を借りている方も多いと思いますが、雨の日には傘をさして駐車場と家を往復する必要があり、買い物帰りであれば荷物を家まで運ぶのも一苦労です。インナーガレージがあれば、そうした全ての悩みが解消します。

そして何より、すぐそばに愛車があり、いつでも一緒に過ごすことができる環境は何にも代えがたい喜びではないでしょうか? 愛車を眺めるもよし、メンテナンスに打ち込むもよし、ローラー台を設置してロードバイクのトレーニングに勤しむもよし。ロードバイクの練習時には、もしマンションでしたら騒音や振動が階下に伝わり騒音トラブルとなりがちです。でも、インナーガレージがあればそうした心配からも解消されます。

スキーやスノボ、サーフィン、ゴルフといったスポーツが好きな方や、キャンプ用品を揃えているかたにとっては、収納スペースとしても重宝します。室内に置きにくいものを一ヶ所にしまえるだけでなく、スポーツやアウトドアに出かける際は、荷物の出し入れもスムーズ。防災用品や保存食を収納しても良いでしょう。

木下の賃貸が提案するガレージハウス「Espace」とは?

木下の賃貸では、インナーガレージ付きの賃貸住宅「Espace」を展開。賃貸住宅でありながら、ガレージとして広々としたフリースペースを確保しました。車庫として愛車を停めて利用するのはもちろん、バイクや自転車、アウトドアなど様々な趣味のスペースとしても、フレキシブルに活用できます。

住まいの顔となるガレージのシャッターは、高級感のある木目調を採用し、落ち着いた印象に。電動シャッターのため、ボタンひとつでラクに開閉でき、愛車の出し入れもスムーズです。また、防犯カメラの設置で、盗難のリスクも軽減しています。

また、ガレージ内には大型手洗いや収納棚を設置。ガレージは構造上、車の排気ガスやニオイが気になりやすい傾向にありますが、換気扇も設置しているため、快適に過ごせます。(物件毎に設備・仕様が異なります。)

ガレージ以外の設備も充実! 住み心地に配慮した間取りも魅力

木下の賃貸は「木下工務店」などでお馴染み、木下グループホールディングスの一員。住宅事業をスタートしてから60年以上の実績とノウハウをもとに、グループ会社が施工しています。そのため、入居者のニーズに合った快適な住宅を提供することができます。

「Espace」は、1階部分を丸々ガレージに充てることで、愛車を停めて整備をするのに十分なスペースを確保。居住スペースは2階にコンパクトにまとめた間取りが特徴。LDKと居室、バスルームや洗面所も同じフロアに配置することで、無駄のない生活動線に。暮らしやすい住まいを実現しています。

写真の間取りは、2018年8月10日入居開始予定の「エスパース川越」。10万円を切る家賃で、ガレージのある暮らしを賃貸住宅で実現することができます。
「大型バイクやロードバイクの置き場所がなくて困っている」「愛車を好きなだけ眺めたい」という方は、木下工務店レジデンスのコンセプト住宅 Espaceのホームページでご確認下さい。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸