• twitter
  • facebook
  • instagram

結婚したくば実家を出よ。20代の4割が童貞のいま草食系男子ができること

小ネタ 2018/10/12
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
20代の4割が童貞。そんな記事が反響を呼んだ。

もともと男性が草食化したと騒がれたのは2006年。
それから特に何もせず現状を放置したら、当時15歳の男の子はそのまま27歳になる。だから今の27歳男子は、10代だったあのころと変わらない悩みを抱えている。
さくらんぼ チェリー

ある27歳の男性が、こう相談してくれた。

好きな子がいるんですけど、話しかけられないんです。これまで、誰かを好きとか意識したことなくて。厳密にいえば……気になる子くらいはいたと思います。

でもその子は全然違って、もう彼女しかいないって思えるくらい好きになったんです。でもそういう気持ちになったこともないし、何をしたらいいかわからないんです」

――彼女と共通の話題ってあります?

「えっと、普段から一緒のサークルにいて。音楽系なんですけど。それで同じアーティストが好きとか、そういうのは分かってます」

――じゃあ、そのライブに誘ってみるとか、あるいは一緒にそのアーティストが載ってる雑誌を買いにいくがてらランチしようとか、そういう誘い方はいかがですか?

「ああ、そうですよね。いやー、でもなー、そういうの相手からしたら気持ち悪くないですか。もともと好きな相手だったらいいかもしれませんけど、俺ですよ。本当は迷惑なのにムリヤリ付き合わせてたら……もう消えたいしな。
男子 悩み
でもこんなに好きになるはずじゃなかったんですよ。全然タイプじゃないし。俺、もっと面食いなはずだったんですよ。おかしい……おかしいな……ああどうしよう、えっと、デートへどう誘ったらいいですか!?」

彼は恋愛感情のまっただ中で右往左往していた。デートの誘い方を私へ質問している体でありながら、実際はそれどころではない。

自分の中に突如沸き起こった「恋愛感情」と向かい合うだけで潰れそうになっていたのだ。


あるデータが示す「仮説」

なぜ、男性がそれほどまでに草食化したのか。その仮説は腐るほど立てられてきたし、その多くは男性を一方的にバッシングしてきた。

マザコン、オタク、めんどくさがり、恋愛コスパ厨……。女性なんて平安時代から受け身の一方なのに、ちょっと平成時代から草食化したくらいでここまで言われるとは男性もかわいそうである。

が、2010年代が過ぎてからようやく「学術的に」仮説が出てきた。ここからはそれを、わかりやすくダイジェストにしてみる。

西村智『未婚者の恋愛行動分析:なぜ適当な相手にめぐり会わないのか』では、「恋人が欲しい」と考える男性のうち2/3が「特に何も行動を起こしていない」ことを明らかにした。

これぞ、草食系男子って感じだ。
キリン 草食
恋人が欲しくもない男性は、草食というより絶食系男子とでも言った方が近いだろうし、ね。

そして最終的に草食系男子が誰かと付き合える or そのまま恋人ナシかを分けていたのは「期限を設けているか」だった。「●歳までに結婚したい」と年齢制限を作っている草食系の人は、そうでない草食系より恋人ができる率も高かったのだ。

確かに、草食系男子がいくら「彼女ほしー」「結婚してー」と願っても、行動がなければ何も起きない。
結婚相談所パートナーエージェントの『草食男子と肉食女子に関する意識調査』によれば、「自分もどちらかといえば草食男子」61%、「自分は完全に草食男子」13%に対し、「自分もどちらかといえば肉食女子」22%、「自分は完全に肉食女子」0%となっている。

つまり、受け身 vs 受け身の虚無が恋愛市場には起きているのだろう。

さらに、いくら行動を起こそうとしても、冒頭に出てきた男性のように「俺はどうしたらいいんだ! 嫌われたらどうしよう! もしかすると彼氏がいるかも」とハラハラ悩んでいる間に、それこそ他の男に相手を奪われてしまう。

いくら男性が恋に悩んだとしても、当の相手女性からその苦悩は見えない。そのタイミングで彼女をグイグイ誘う肉食系男子がいたら、彼女は「私は肉食男子君からだけ好かれている」と誤解するだろう。

ひとまず、結婚したかったり子どもが欲しければ「●歳までに結婚する」と決めてしまうことが、草食系男子を動かすモチベーションになるようだ。

☆これは女子も同じなので、結婚したければ「●歳までに絶対結婚する!」と自分へ誓ってしまうのがよい。頑張ろう、女子! 同じく頑張ろう、男子!


まず何をすればいい? 答えは一人暮らし

空間
「●歳までに結婚すると期限を決めろ、動け」だけでコトが済めば簡単だが、現実はそうでもない。

というのも、女性が結婚したい男性へ「ある条件」を求めていることがわかったからだ。ちなみにカネではない。

府中明子『恋愛結婚の条件』に出てくるヒアリング調査では、最近の女性が男性へ「一人暮らしの経験」を求めているとわかった。その理由は「家事を平等に分担してほしい」「自分が家事をしている努力を認めてほしい」からだとわかる。

私の20代女性に対するヒアリングでも、似たことがあった。

アラサー、29歳。元彼は実家暮らしだったが、結婚前に破局した女性。
「やっぱりね、その、実家でずっと暮らしてると、お母さんに頼っちゃうじゃないですか。もうそれは仕方ないと思うんです。私だって、27歳まで実家だったので。お洗濯くらいはしてたけど……それ以外はお母さんに任せちゃってたし。

でもね、一緒に暮らす男のひとには、家事をやったときに感謝してもらいたいのよ。お皿がきれいなこととか、家が片付いてるのが当たり前だと思ってほしくないんです」
他の女性も、こう語る。
「前、同期の男の子と同棲したんです。結婚するつもりで。でも彼が最初のうちしか家事をやってくれなくって。言えば掃除とかしてくれるんですけど、言わないとほんと何もしない。私がキーキー文句ばっかり言ってる感じになっちゃって。

それで1年たって、ずっと言ってるのに疲れちゃった。彼もそれでイライラして、ケンカばっかして。それで同棲解消しました。それから結婚相手の条件には『一人暮らししたことある方』ってのを必ず入れてます」

草食系男子に「恋愛で動け!」と指示を出すなら、普通はデートに誘うことを意味するかもしれない。

けれど結婚を考えているなら、そもそも自活し、家事が普通にできるよう「動く」ことが求められるのだ。

いまのアラサー、金持ちを求めるほど豊かな時代に育ってない。現実はわかってる。でも、だったら家事くらいできてよ。私が家事をやったら、それがタダじゃないってわかってよ。

それが、女性のホンネに近いだろう。


一人暮らしに、お金が必須の時代は終わろうとしている

お金
自活さえできていれば、それがシェアハウスでも寮でも女性たちはあまり気にしていないようだった。だから経済面で不安がある人も、
「普通に電気代を払うのを忘れ、ウッカリ電気が止まってパニックになる」
「防虫をちゃんとしていなくて、小麦粉やお米がダメになる」
「水回りの掃除を面倒だからと放っておいたら、友達がトイレで悲鳴を上げた」
なーんて、誰もが一人暮らしでくぐるトラブルを乗り越えておいたほうがいいのだろう。

結婚や恋愛は「お金がなきゃだめ」と思っている男性は多い。
いっぽう、2つの論文を見ていくとお金よりも「共働きができる前提で自立していること」を求める女性が増えてきたことも明らかになっている。

もはや夫婦の過半数は共働き。会社を「寿退社」という体裁で退職するのも、実は転職していたのをしれっとごまかすため……なんて話も聞く。

「年収は私と同じくらいでいい。ただ、家事も同じくらいやって」
というのがいまのリアルじゃないだろうか。

そう思うと、草食系男子が動くべきはデートや金稼ぎではなく、一人暮らしで詰んだ経験から進んで排水溝を掃除するスキル磨きなのかもしれない。
執筆:トイアンナ
編集:プレスラボ
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸