• twitter
  • facebook
  • instagram

同棲歴5年! 元カノとの思い出が詰まった「開かずの段ボール」を僧侶が供養する話

小ネタ 2018/11/8
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
開かずの段ボール



稲田ズイキ 僧侶
こんにちは、通りすがりの僧侶です。

みなさんのお部屋には「開かずの扉」ならぬ「開かずの段ボール」はありませんか?
段ボール
あかず-の-ダンボール【開かずの段ボール】
封をされ、しばらく開けられないまま部屋に放置された段ボールのこと。
多くは、個人の濃密な「思念」がこもっている。

                  
開けられない理由は様々ありますが、ただ放ったらかしになっているものもあれば、思い出したくもない思い出や、黒歴史などが詰まっていることも。
ただ、共通しているのは、段ボールの中にあるのは「過去の自分」だということ。

「恐ろしいから開けたくないし、邪魔だからもう捨てたいんだけど、捨てることもできない」
そんな複雑な感情が絡み合った「開かずの段ボール」の存在に困っている人が多いのだそう。
稲田ズイキ 僧侶
だがしかし! 僧侶の立ち会いがあれば、そんな開けにくい段ボールも勇気を出して開けられるのでは?

僧侶って、時には場を清めたり、人モノ問わず亡くなったものを供養したり。時には秘仏だってご開帳したりもします。怨念も迷いもすべてドンとこい。それが僧侶です。

今回は、同棲歴5年の元カノとの思い出が詰まった段ボールを供養したいと言う施主がいると聞き、自宅まで伺いました。

※施主……せしゅ。法要や供養を行う主を表す仏教用語


僧侶、自宅を訪問する

稲田ズイキ 僧侶

段ボールを供養しに参りました。僧侶です

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

あ!お坊さん!本当に来てくれたんですね(笑) 本日はよろしくお願いいたします

施主の名は、湯浅陸さん。現職はパーソナルトレーナー兼フィットネスモデルだそうで、見るからに爽やかな好青年です。
そんな彼が段ボールにしまい込んでいる「秘仏」とは、一体どんなものなのでしょうか。


産地直送の思い出 in 段ボール

湯浅さん、では「例のもの」を……

段ボール 湯浅さん

こちらになります。ずっとベッドの下に入れていて

段ボール

ほぉ……これはなかなか業(ごう)の深そうな段ボールですね

1年間くらい封印してたものになります

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん 段ボール

結構な大きさがありますが、中には何が入っているかわかりますか?

同棲していた元カノとの物だと思います。食器とか、写真とか……。5年同棲していたので、数も多くて……

5年間分の生活がここに……。これはかなりの思念がこもっている可能性が……

湯浅さん

初めての彼女だったんです。大学に入って初めてできて。そこから、亀戸で一緒に暮らして。お互いの両親とかも顔見知りになってました

同棲していたのは、どんな部屋だったんですか?

駅から徒歩10分の新築1LDKを借りて、寝室とリビングで分けて使っていました

ケンカしたときなど、同じ空間にいるのが嫌になることはなかったのですか?

湯浅さん

その時はリビングのソファで寝るなどしていました。基本的には仲直りして一緒に寝てましたが……

別れたあとに聞くとツライ

あの頃は、錦糸町の映画館が近かったので、恋愛系の映画をよく観に行っていました。近くのラーメン屋にも、二人でよく食べに行ったっけ……

(この人、絶対に引きずってるな……)そんな順調なのに、なんで別れてしまったんですか?

お互い社会人になって、休みが合わなくなって……

稲田ズイキ 湯浅さん 段ボール

無常ですね……。送り状が貼ってあるのは、もしかして同棲先から今のこの部屋に送ったということ?

そうです。別れることが決まって、二人で引っ越しの準備をして、その荷物がそのまま入っています

稲田ズイキ 僧侶 段ボール

産地直送の業(ごう)がここにあるわけですね……。なんかちょっと、送り状の字が泣いてませんか?

5年暮らしていた部屋から物がなくなっていくのが切なすぎて……。お互い泣きながら別れましたから

元カノさんはこの荷物について、何も言って来ないんですか?

向こうは「もしそういう人ができたら、全然、もう捨ててもらってもいいから」って感じで

そこから、湯浅さんは彼女できましたか?

いや、別れてからはずっと……

稲田ズイキ 僧侶

なんだか、僕も辛くなってきました。ちなみに、なんで今までこの段ボールと向き合えなかったんですか?

うーん……。そこは男のサガというんでしょうか。男は恋愛をフォルダごとに保存したがる生き物だと思うので、見たくもないけど、捨てたくもないというか。「名前をつけてそっと保存」みたいな

なるほど。段ボールもフォルダみたいなものですね






ご開帳の儀

では、僧侶として、これから開封に立ち会わせていただきます

はい。では、開けますね

ちょっと待ってください!ご開帳のための法要をとり行わないと!

稲田ズイキ 僧侶

ご開帳のための法要……?

これから秘仏として出てくるのは「過去の自分」です。向き合うに当たっては、今の自分の心を整えるべきですよ。ちょっと、おつとめさせてもらってもいいですか?

湯浅さん

ま、まぁいいですけど……

では……

木魚

こちらを使わせていただきます

湯浅さん

(木魚……?)

稲田ズイキ 僧侶

いざ……

木魚
ポンポンポンポンポン ポポポン
稲田ズイキ 僧侶

ジィィィィィィィィィィィィッッッッッッッポゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

湯浅さん

……

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん
稲田ズイキ 僧侶

ゴオオオオオオォォォォォォォォォォジャアアアアアアアアァァァァァァァァァァァ

湯浅さん

……

湯浅さん

(何してるんだろ……俺……)

湯浅さん

フゥ……

合掌
〜10分後〜
稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

では、こちらで、ご開帳のための法要をつとめさせていただきました

おつかれさまでした

稲田ズイキ 僧侶

では、ご開帳しますので、カッターをお借りしてもいいですか?

お坊さんも普通にカッターとか使うんですね……カッターはないのでハサミでもいいですか?

では、参ります……!

ドキドキするな……

段ボール
ジジジジジジジジジジ
段ボール 開封

おおおおおー?

段ボール

あっ……

段ボール
ガパッ
段ボール 写真
バーン!!!!!
湯浅さん

アーーーー!!!!






段ボールが思い出でいっぱい

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

心にキますね……

けっこう殺傷力の高いビジュアルのものが多いですね……。一緒に見ていきましょうか

写真

早速、命を刈り取る形をしている一品が……!

はい……

これは?

はい……

元カノさんですよね?

……元カノと……使っていた……写真立て……です

湯浅さん、気をしっかり保って!

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

旅行にいって……いちご狩りして……僕の地元にも行って……

湯浅さん、この頃は幸せそうな顔してますね……

そうですね。本当に楽しかった日々です……

カトラリー

これは?

使っていた調理器具や箸やフォーク、ですね……

これでホットケーキ作ったり?

ホットケーキ作ったり……

これでホットケーキ返したり?

ホットケーキ返したり……

5年間の生活がそのまま残ってますね

プレート

これは?

誕生日プレゼント、ですね

ただの「HAPPY BIRTHDAY」じゃなくて「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」なところに強い思念を感じます。23歳と書いているということは何年前の?

今25歳なので、えーっと……

2年前じゃないですか? 思い出の情報量にやられて、思考力落ちてません?

プレート ハート

このハートの容器、何入れてたんですか? ホットケーキ?

……ポテトサラダです。稲田さん、さっきからホットケーキばっかり言ってません?

ホットケーキは思念がこもりやすい食べ物なのでつい……

湯浅さん 思い出

僧侶から与えられる二つの選択肢

さて、どうしますか?

そうでした。この中身、どうするか決めないと……

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

中身を処分したいから僧侶を呼んだのかと思ったんですが、どうやら迷われているようですね。僧侶としてアドバイスするなら、きっぱり捨てて気分を一新するのもいいと思いますが、残すという選択肢もあっていいと思います

なるほど……

仏教では、苦しみの原因とは執着(しゅうじゃく)だと説きます。もう「ない」ものに対して、まだ「ある」と思い込むことで苦しみが起きてしまうんです。もし、湯浅さんが過去に囚われて、今苦しみを抱えているなら、これらを捨てた方がいいと思います

苦しみを生んでいるなら、捨てる……

湯浅さん

もう一つの考え方は、例えば「先祖」とかって、もうここに「ない」じゃないですか? でも「ないけど繋がっている」という感じでしょうか。その存在があったから、今の自分もあるわけで。仏教ではこれを「縁」というんですけど、もし今の自分の生き方を見つめる上で、手助けになってくれるものであれば、残しておいていいと思います

それがあるから今の自分がある……

湯浅さん

一度段ボールの前で一人坐禅を組まれてみてはいかがでしょうか?






捨てるか残すかの禅問答

湯浅さん
湯浅さん
プレート

開かずの段ボールを供養する

湯浅さん

どうするか決まりましたか?

ええ、あぁ、はい……

えっ、どっちなんですか……!

湯浅さん

……

(完全に虚無の域に入っている……!)

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

じゃあ、もうこれらまとめて僕が断捨離しますね!

稲田ズイキ 僧侶

よろしいんですか……?

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

うーん……

稲田ズイキ 僧侶

よろしいんですよね……?

湯浅さん

ウーーーーーーーン

写真 思い出

待ってください……!

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

僕にはまだ、これは必要です!

えっ……その心は?

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

彼女と過ごした5年間のうち、1日、いや1秒が欠けても、今の僕はいないんだってことに気がつきました。彼女がいるおかげで、今の僕がいるんだって

なるほど……。でも、側に置いていたら、いつか気持ち高ぶっちゃって「会いたい」とか思ったりしないですか?

もう僕らは戻ることはないとお互い知った上で別れているので……。今はたまに連絡はしますけど、友達としてですね。お互い一度は好きになった仲なんで、幸せにはなってもらいたいんです

稲田ズイキ 僧侶

……もう僧侶は不要のようですね。執着からは解き放たれています

別に思い出の品を眺めたりしたいわけではないんです。ただ、今は側に置いておきたいという気持ちです。これって変でしょうか?

四十九日が済むまでは、故人のお骨を側に置いておくように、断ち切るだけがお別れではありません。亡くなった事実を肌で感じ、自分との関係性を見つめ直すことが時には必要なことがあります。何も間違ってなどありませんよ

自分の今を見つめ直すために、「名前をつけてそっと保存」ですかね

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん

フォルダに入れ直す前に、このご縁に感謝しましょう

湯浅さん

開かずの段ボール再び

湯浅さん
湯浅さん
湯浅さん
湯浅さん
湯浅さん
湯浅さん
湯浅さん
湯浅さん

なんか、凛とした顔になってない?



おわりに

稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん
1つの段ボールをめぐる一人の男の葛藤と決断、いかがでしたか?
撮影後、湯浅さんがまるで憑き物が取れたように笑顔になられていて驚きました。

今回は置いておくという結論になりましたが、彼の笑顔を見て気づいたのは、選択することの大切さ
「開かずの段ボール」に詰め込んだままにしておくと、いつまでも過去の自分と向き合うことができません。まずは向き合い、なんらかの選択をすること。

選択した先に答えがあるのではなく、選択すること自体に答えがあるのだと。
真剣に悩む彼の姿を見て、僧侶として僕も一つの悟りに辿り着くことができた気がします。

ぜひ、次の恋に繋げてください。
稲田ズイキ 僧侶 湯浅さん
なんとこの企画の連載が決定。次回は、「エロマンガ家のアシスタント時代の絵が詰まった段ボール」を供養します。次も業が深そうだぜぇ!更新はMOOOMアカウントでチェックを。


ライター:稲田ズイキ
写真:NiRai
企画・編集:栗本千尋+プレスラボ
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸