• twitter
  • facebook
  • instagram

来年も美しく着るために! 覚えておきたい浴衣のお手入れ方法

知識 2018/9/5
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
平成最後の夏も、そろそろ終わり。花火やお祭りを彩った浴衣も、タンスに帰るときが近づいてきました。たくさんの思い出だけでなく、浴衣も色あせない保管が大切です。

浴衣のお手入れ

帰宅して脱いだ浴衣と帯に汚れがないかをチェックしたら、ハンガーにかけてシワをのばし、風通しのよいところでひと晩湿気をとってからしまいましょう。汚してしまったり、大量の汗をかいたら洗濯が必要ですが、通常の着用であれば、湿気取りだけでも大丈夫。
浴衣 しまい方
洗うほどではないけど、汗が気になるというときは汗取りを。浴衣の裏に乾いたタオルを当て、表から水で濡らして硬く絞ったタオルでたたいて、汗を乾いたタオルに移しとります。

シーズンが終わったら洗濯をしましょう。たとう紙で包んで保管するとシワが寄りにくくなります。防虫剤を入れる必要は特にありませんが、なるべく湿気の少ないところで保管するようにしましょう。
浴衣 しまい方 たとう紙

浴衣のたたみ方

半分づつ下半身の部分から畳んでいきます。
浴衣 たたみ方 ①襟を左、裾を右にして広げ、前身頃・右の脇線(手前から2本目の縫い目)で内側に折りたたむ
浴衣 たたみ方 ②前身頃・右の衽(おくみ)線(手前から1本目の縫い目)で手前に折り返す
浴衣 たたみ方 ③前身頃・左の衽(おくみ)(写真奥・端の部分)を手前の②で折り返した部分に重ねる。※一番手前の端まで重ねないように注意!
浴衣 たたみ方 ④前身頃・左の脇線を一番手前(前身頃・右の脇線)に重ねる。
浴衣 たたみ方 下半身の出来上がり
下半身が畳めたら、今度は上半身を畳みます。
浴衣 たたみ方 ⑥ ①②と同様に上半身も折りたたみます。衽線(手前から2つ目の縫い目)は胸元で終わるので、もともとついている折れ線を頼りに肩まで畳む。
浴衣 たたみ方 ⑦襟の部分は内側に背縫い部分も2〜3cm折り込む(写真のような三角形ができる)。
浴衣 たたみ方
浴衣 たたみ方
⑧襟をMの字になるように折りたたみ、襟全体を重ねる(④の手順を上半身でも行う要領で)
浴衣 たたみ方 ⑨左袖の縫い目を手前の右袖に重ねる(肩から裾までまっすぐ畳まれている状態になる)
浴衣 たたみ方 ⑩左袖(上の袖)を向こう側へ折り返す
浴衣 たたみ方 ⑪半分に折る(収納スペースに合わせて3/1にたたんでもOK)
浴衣 たたみ方 ⑫裏返して袖を折り畳む
浴衣 たたみ方 完成!!

自宅で洗濯する方法

まずは洗濯表示をチェック!水洗いOKなら自宅の洗濯機でも洗えます。汚れが目立つ部分は先に手で優しく揉んで汚れを落としておきます。

畳んで洗濯用ネットに入れましょう。ネットが大きすぎると傷みや型崩れの原因に、小さすぎると生地が重なり均等に洗えないため、ジャストサイズのものを用意してください。
浴衣 選択
洗濯機に入れたらドライコースで、洗剤はおしゃれ着用を使用しましょう。脱水はシワの原因になりやすいので、1〜2分程度で出します。着物用ハンガーにかけて陰干しすれば完了です。日光に当てると色あせの原因になるので注意。

もし洗濯機の使用が心配な方は、畳んだまま大きめの洗面器などに入れて、押し洗いしましょう。ある程度の水分を押し出したら、そのままハンガーに掛けて干します。水分が下に滴り落ちることで、伸ばしながら乾かすことができ、シワがつきにくいです。

麻が混ざっている素材は縮んでしまったり、絞りはせっかくの凹凸が伸びてしまうこともあるので、迷ったときは専門のクリーニング店(着物屋さんでもOK)に相談してみるといいでしょう。


正しいお手入れとしまい方を覚えて、来年も美しい浴衣美人に変身しましょうね。

監修:島崎加奈子(https://www.kanakoshimazaki.com/
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸