• twitter
  • facebook
  • instagram

2018年版!一人暮らしにおすすめな最新炊飯器の優れた機能とは?

知識 2018/7/3
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
毎年、新商品が登場する炊飯器。一人暮らしにぴったりの炊飯器を探そうにも、種類がたくさんあるし、便利な機能がどんどん増えていて、なんだか迷ってしまいますよね。今年発売の最新のものにも、また新しい機能がついているとか……。

そこでヨドバシカメラマルチメディアAkiba 家電チームグループリーダーの内田崇志さんに、詳しくお話を伺いました!

最新の炊飯器についた新機能について教えてください

「特に注目しているのは、パナソニックの『Wおどり炊き』シリーズについている『鮮度センシング』機能ですね。炊飯器に内蔵されたセンサーが、入れたお米が古米か新米かを判別し、お米の鮮度に合わせた炊き方をしてくれます。

以前からある、お米の銘柄を選んで炊き分けてくれる『銘柄炊き』機能なども含めて、炊飯器全般が使う人の好みや使うお米に合わせた炊き方ができる方向に進化していると言えます」

銅釜、鉄釜などいろいろな内釜がありますが、どんな違いがあるのでしょうか?

「お米を美味しく炊くためには火力が強いことが大切です。最初はゆっくり加熱し、最後に火力を高めて炊き上げることでお米の甘みを引き出し、炊き上がりにムラがなく美味しいご飯になります。そのためには熱伝導がよく蓄熱性があり、厚みのある内釜がポイントとなります。

たとえば三菱電機の『炭釜』シリーズで使われている炭釜は、炭の遠赤外線の働きで加熱の効果が高まります。タイガーの『土鍋』シリーズなどに使われている土鍋釜は蓄熱性があり、一気に加熱できます。象印の『羽釜』シリーズなどに使われている羽釜は円盤状の羽釜で空間をつくり、熱をため込む事で一気に加熱する事ができるのが特長です」

一人暮らしの人が炊飯器を買いたい時、選ぶコツを教えてください

「一人暮らしだと3合炊きをすすめられることが多いのではないでしょうか。3合炊きでムラなくおいしく炊けるのは2合までです。いつも1~2合炊きで足りるという方には3合炊きでよいと思いますが、2~3合まとめて炊いて小分け冷凍したいという方には、5合炊きがよいと思います。

5合炊きでも1合からおいしく炊けるし、小さい釜より大きい釜で炊くほうが炊き上がりにムラがありません。そして意外に手頃な価格なので、置き場所が確保できるなら、5合炊きをおすすめしています。

機能だけではなく女性の一人暮らしなら1~2合炊きの小型なもの、よく食べる男性や一人暮らしでも友達が集まる機会が多い場合などには5合炊き…と、自分の生活スタイルに合った大きさを選ぶのも選び方のひとつです」

では一人暮らしにおすすめの炊飯器を教えてください

「3合炊きなら、まずタイガーの『土鍋IHジャー<炊きたて>』。内釜が金属釜に釉薬をかけた土鍋コーティングでなく本土鍋なので蓄熱性が高く、おいしく炊き上がります。

あとは日立の『おひつ御膳』シリーズ。4合炊きと2合炊きがあり、鉄釜なので加熱が強く、少量からおいしく炊き上がります。炊き上がったら上の部分を取り外しておひつのように食卓に運べるので、食卓でアツアツのご飯が食べられますよ」

――最後に、内田さんがどんな炊飯器を使っているのか聞いてもいいですか?

2012年製のサンヨーの『おどり炊き』です。お米のもっちりした甘みを引き出す圧力IH炊飯器で、内釜は銅コーティングされた金属釜です。銅は非常に熱伝導率が高く、おいしく炊き上がります。銅釜を含めたサンヨーの炊飯器事業は、今はパナソニックに引き継がれています。

ちなみに今、私がもし買い替えるとしたら、パナソニックの『Wおどり炊き』シリーズがよいと思っています。また、店舗では炊き上がりのお米のかたさなどを食べ比べできるイベントも行っていますので、ご自分に合った炊飯器がきっと見つかると思います」
〈取材協力〉
ヨドバシカメラマルチメディアAkiba 家電チームグループリーダー 内田崇志さん

ヨドバシカメラマルチメディアAkiba http://www.yodobashi.com/ec/store/0018/index.html
ヨドバシカメラホームページ http://www.yodobashi.com/
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸