• twitter
  • facebook
  • instagram

メンマの概念が変わる!?日本の放置竹林から生まれたメンマがすごかった

グルメ 2018/7/10
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
全国のラーメン店から多くの支持を集めるメンマ専門メーカー、タケマンが国産メンマとして「糸島めんま」の開発に成功し、2018年7月より販売を開始している。

全国のラーメン店の「オール国産食材で作ったラーメンを提供したい」という熱い思いを受けての開発・販売となったとのこと。
竹林
日本ではメンマの原料となる「麻竹(まちく)」がほとんど採れず、安い海外産のメンマが主流であっため、国産のメンマを作るのが難しいという背景があった。しかし今回、国産メンマの開発をすることに成功した。

しかもこのメンマ、ただ「国産のメンマ」というだけではなく、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹(もうそうちく)」という種類の竹を使用して作られているので、竹林の環境整備にも結びつくというメリットも持っているというのだ。
糸島めんま

●特別に「糸島めんま」を入手‼果たしてその味は……

MOOOM編集部では特別に「糸島めんま」を入手することに成功。今回「糸島めんま 黒」「糸島めんま 赤」の2種類のメンマを入手したので、それぞれ実食した。
糸島めんま_黒
糸島めんま_黒 パッケージも豪華。
まずは「糸島メンマ 黒」を実食。
糸島めんま_黒
糸島めんま_黒
パッケージを開けるとしっかりとしたメンマの匂いが。メンマのサイズも大きく1枚1枚の食べ応えがすごい。味は甘辛く、どこか懐かしい味がした。
つづいて「糸島めんま 赤」を実食。
糸島めんま_赤
糸島めんま_赤 こちらも豪華なパッケージだ。
パッケージを開けるとしっかりとしたメンマの香りは変わらず、ラー油の風味も加わって食欲をそそる。「糸島めんま 赤」は「糸島めんま 黒」と比べると、1切れのサイズは少し小さめ。

味はラー油があえられており、ピリ辛でサクサクの食感が一度食べたら止まらなくなりそうだ。
どちらのメンマも普段、購入しているメンマと比較すると、肉厚で食べ応えがあるものだった。そして後を引く味でごはんが止まらなくなりそうで、国産メンマのパワーを見せつけられた。
糸島めんま_黒_赤

●全国に広がる「メンマ作りの輪」

「糸島メンマ」作りによって、放置竹林などが整備された竹林ではメンマの原材料が収穫できるようになり、竹林所有者の収入源にもつながっている。
竹林
竹林が収入源につながることで、持続的な竹林整備を行うことができるようになり、竹林所有者の抱える放置竹林という問題の助けとなるため、結果この「糸島メンマ作り」が全国に広がろうとしつつある。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸