• twitter
  • facebook
  • instagram

水とお茶、どっちが正解? 一人暮らしで常備しておきたい飲み物はコレ!

グルメ 2018/11/21
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
みなさんは、自宅の冷蔵庫にどんな飲み物が入っていますか? ミネラルウォーターやお茶が一般的ですが、炭酸水、水出しコーヒー、という方もいるのではないでしょうか。今回は健康面をポイントに、常備しておきたい飲み物について、管理栄養士の大山加奈惠さんに伺いました!

水とお茶の2択の場合、どちらが健康的にオススメですか?

水 ミネラルウォーター
「どちらかといえば、水のほうがいいと思います。お茶には水には含まれない栄養素が入っていて健康に良い成分もありますが、中には吸収を妨げる成分や消化の必要がある成分が入っていることも。体への吸収率を考えると、水のほうが体に負担なく吸収されます。

また、カフェインを含んでいるお茶の場合は、夜飲むと眠れなくなったり、利尿作用がある成分が含まれている場合は、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を排出してしまったり、というデメリットも。水分補給のつもりで飲んだお茶なのに、かえって水分不足になることもあります。

水は水分補給だけでなく、料理にも使えるので一石二鳥ですね!」

水の他に、常備しておくと良いドリンクはありますか?

「今回は、3つのヘルシードリンクをご紹介します!

まずは『甘酒』。糖分・アミノ酸・ビタミンが豊富に含まれているので、時間がない時の朝食にもオススメ。脳のエネルギーになる糖分のおかげで、仕事のパフォーマンスがアップするかもしれません。野菜、果物と一緒にミキサーにかけても、美味しく飲めますよ。

『豆乳』は、良質なタンパク質・大豆イソフラボン・ビタミン・ミネラルを含んでいるので、食事代わりにもなります。コーヒーに入れたり、スープや鍋に使ったり。インスタントラーメンに少し入れると、栄養価がアップしますよ。

あとは『野菜(トマト)ジュース』。βカロテン・リコピン・ビタミンを豊富に含み、糖質も入っているので、パンやご飯と一緒に飲むと栄養バランスが取れます。野菜不足になりがちな若い人には特にオススメですが、それだけで必要な栄養をすべてカバーできるわけではないということをお忘れなく」

これからの寒い季節に、からだを守ってくれる飲み物はありますか?

紅茶 しょうが 生姜
「冬は、体を温めてくれて、風邪予防になる飲み物を飲みたいですよね。体を温める効果があるのは、生姜と紅茶です。殺菌作用のあるはちみつもプラスして、生姜とはちみつが入ったジンジャー紅茶はオススメ。また、風邪予防になるビタミンCが入ったゆず茶やはちみつレモン系のドリンクをホットで飲むのもいいですよ」

栄養素についても分かりやすく、健康にいい飲み物を教えていただきました! 水分補給のためには水を飲むことを基本としつつ、からだが必要としている栄養素を含む飲み物を上手に取り入れていきたいですね。寒いな、と感じたら、さっそく「はちみつ入りのジンジャー紅茶」を試してみてはいかがでしょうか?

<取材協力>
株式会社 Kan-Z 代表取締役 大山加奈惠さん
管理栄養士として、外資系健康食品会社のコンサルタント、大手食品メーカーでのメニュー提案、販促の調理支援などを担当。2008年より、栄養士・管理栄養士の知識・技術を個人や企業に提供するフードサービス会社『Kan-Z(カンジ)』を設立し、代表を務める。九州を中心に企業や学校で親子料理教室や健康講座を行う。仕事の効率を上げるハイパフォーマンス食事の提案、メタボ・生活習慣病予防指導で、企業の健康を食事面からサポートしている。幼稚園〜大学生まで各年齢に合わせ、うまみラボ・スポーツ栄養などの食育講座を行い、食事の重要性を伝えているまた健康食品、食の有識者としてTV 、ラジオ、CMにも出演。

株式会社Kan-Z公式ホームページ http://www.kan-z.co.jp/
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸