• twitter
  • facebook
  • instagram

【今日のコンビニレポ】「東洋水産 ゴーゴーカレーカレーヌードル チーズ味」&「丸美屋 ゴーゴーカレー スープごはん」

グルメ 2019/1/24
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
今回ご紹介するのは、ローソンで発売販売中の2商品。
「東洋水産 ゴーゴーカレーカレーヌードル チーズ味」(左)と「丸美屋 ゴーゴーカレー スープごはん」(右)です。
ローソン ゴーゴーカレー
金沢カレー人気の火付け役ともいわれる「ゴーゴーカレー」。2度ほど食べたことがありますが、ドロッとした黒いルーで香りが独特だったと記憶しています。

そのクセのある味わいをどう“カレーヌードル”と“スープごはん”に仕上げたのか!?

さっそく、食べてチェックしていきますね。

まずは「ゴーゴーカレーカレーヌードル チーズ味」を開封。
中にはチーズ風のキューブがごろごろ入っています。
ローソン ゴーゴーカレー
作り方は、個包装された具や後入れの粉末類のない、ただお湯を注ぐだけのタイプ。ゴミも最小限で済むし、コンビニで買いその場でお湯を注ぐ人にとっても、この手軽さは嬉しいポイントですよね。

お湯を注いで4分待ち、いざ実食! と期待して蓋をはがしたらこれでした。
ローソン ゴーゴーカレー
え!? スープないじゃん!!?? お湯が少なかったかな?

4分前の自分を疑いながらもパッケージに「よくかきまぜてお召しあがりください」と書いてあるので、入念にまぜまぜ。すると今度は固形で残っていたチーズ風キューブが溶け切ってなくなりました……。

食べてみると、麺がチーズでコーティングされているような不思議な舌触りで、豚肉がたくさん入っていることがわかりました。餡かけかと思うほどドロッとしたスープは麺によくからみます。お湯が少なかったのではなく、こういうものだったようです。よかった。

こちら、とても食べ応えがあり美味しいけれど、口元を汚さず食べるのは難しい。服についたらなかなか落ちないと思うので、汚れない対策をして食べてくださいね。



次に「丸美屋 ゴーゴーカレー スープごはん」を開封。
ローソン ゴーゴーカレー
こちらは作るのにひと手間。
ごはんを開封前にもみほぐす必要があります。押し麦入りごはんを袋のままもみもみ。面倒ですが、プチプチした感触がちょっと楽しい。
他にもお湯を注ぎ15秒かき混ぜたり、蓋はしないなど、しっかり作り方を読んで作らねばなりません。

お味はと言うと、こちらはスープカレーのようなサラサラスープで、ピリリとしたスパイシーさもしっかりと表現されていました。
ローソン ゴーゴーカレー
もちもちの押し麦入りごはんは、噛み応えがあるので満足感を得られます。スープも美味しくて最後まで飲み切りました。そして嬉しいことに、カロリーは192kcal。大満足の一杯でした。
私はお箸で食べましたが、スプーンのほうが食べやすいと思いますよ。

価格は
「東洋水産 ゴーゴーカレーカレーヌードル チーズ味」ローソン標準価格225円(税込)
「丸美屋 ゴーゴーカレー スープごはん」ローソン標準価格198円(税込)
でした。

カレーヌードルのほうは男性向け、スープごはんは女性向けかな。
どちらもゴーゴーカレーがベースなのに、毛色が全く違っていて楽しめました。
ごちそうさまでした!

数に限りがあるようですので、気になる方はお早めに。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸