• twitter
  • facebook
  • instagram

家でできるジンベースの3つのカクテル!家飲みモテレシピをイケメンバーテンダーがレクチャー

グルメ 2018/8/22
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
リーズナブルに、気のおけない仲間と盛り上がれる「家飲み」。最近では、おしゃれなお酒やおつまみを用意して、家飲みを全力で楽しむ! というのが流行しているようです。

そこで今回は、渋谷で注目を集めている「燻製BARオリオン」のイケメンバーテンダー・押谷一星さんに、カクテルのレシピを伝授していただきました! 定番の缶チューハイはやめにして、サッとカクテルを作れたら、モテること間違いなし!?
カクテル
————押谷さん、早速ですが、初心者でも作れるカクテルのレシピを教えてください!
「今回は、ジンがベースになるカクテルを3種ご紹介します。ジントニックやマティーニなどでよく知られているジンは、スーパーやコンビニなどで簡単に手に入るので、おすすめ。また、最近では小さなメーカーがこだわりを持って作る『クラフトジン』が流行っていて、オリジナリティを出すこともできますよ」

<ジンリッキー>

レシピ:タンブラーにライム1/4を絞り入れ、いっぱいに氷をつめます。ジン30mlほどを入れ、炭酸水で満たし、マドラーで2~3回かき混ぜたら出来上がり。

「ライムの果糖のみで糖質が少ないカクテルなので、ダイエットなどで糖質制限される方にもおすすめです。ライムが手に入らない場合は、レモンで代用しても大丈夫!」
ライム

<オレンジブロッサム>

レシピ:タンブラー系のグラスいっぱいに氷をつめて、ジンを約30ml入れ、オレンジジュースで満たします。マドラーで10回ほどかき混ぜたら完成です。

ジンは柑橘類との相性がばっちり。オレンジジュースで割ると甘くなるので、お酒が苦手な人でも比較的飲みやすいです。炭酸が飲めない人にもいいですね。本来のオレンジブロッサムはもう少し複雑なレシピですが、今回は家飲みバージョンをお伝えしました。こだわりたい人は、オレンジの生搾りで作ると格段に美味しくなりますよ!

<ジンのティートニック>

レシピ:タンブラーかワイングラスに、好みの紅茶のティーパック一包を入れ、そこにジン約30mlを注ぎます。スプーンで2〜3分、ティーパックを押すようにして抽出させ、ジンに紅茶の色が移ってきたらティーパックを絞って取り出します。氷を入れてトニックウォーターで満たしたら、マドラーで2~3回かき混ぜて完成。

華やかで女性も飲みやすい、変わり種のカクテルです。紅茶の種類によって、作る人の個性が出るのも楽しいところ。ダージリン、アールグレイ、カモミール、ローズヒップ、ルイボスなどなど、お好きなものと合わせてみてください。世の男性陣、もらい物の紅茶が余っていたりしませんか? これを機に使ってみましょう!」
押谷一星
————どれも近所で手に入る材料で、すぐにでも作ってみたくなりました! コツはありますか?
コツは、です。飲む人のことを想って作れば、美味しいカクテルが出来上がります。お酒が得意ではない人にはジンを少なめに、好きな人には多めに、といった配慮も必要ですね。ただし、45mlを超えると味のバランスが崩れてしまうので、ご注意を

あとは、氷はコンビニなどで売っているかち割り氷を使ってください! 自宅の冷凍庫で作った氷より、見た目も味も良くなります。また、ジンを注ぐ際は氷に当てて注ぎ、炭酸水やトニックウォーターはなるべく氷に当てないように注ぐ、というのもちょっとしたポイントです!」



細かいところまで、アドバイスをありがとうございます! 家飲みでは、押谷さんのように行き届いた配慮ができるかどうかが、モテポイントですね。ついつい、シェーカーを振って作ってみたくもなりますが、「家飲みのモテポイントは格好つけすぎないこと。シェーカーを使ってもプロにはかないませんし、格好つけていると引かれてしまうかも…!」と、優しく教えてくださいました。次の家飲みでさりげなくカクテルを作れるように、コッソリ練習しておきたいですね!

取材協力
押谷 一星さん
自家製の燻製料理やフレッシュカクテルなどを楽しめる「燻製BARオリオン」のオーナーを務める。自らバーテンダーとシェフも担う。
燻製BARオリオン公式ホームページ http://www.shibuya-orion.com/
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

関連記事

新着記事

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸