• twitter
  • facebook
  • instagram

ビール大好き女子厳選!非日常を味わえる ちょっと贅沢な気分になれるビアガーデン5選

グルメ 2018/8/20
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
初めまして、飲んだビールは100種類以上! ビア女子所属の吉田です。8月ですね! ビールがおいしい季節! この時期になると、毎年各地でビアガーデンが開催されます。最近はコンセプト性の高いビアガーデンが登場していて、飲みに行くだけで非日常を味わえてしまう、素敵な場所がたくさんあります。

数ある個性的なビアガーデンのなかから、今回はちょっとだけ贅沢気分にひたれる場所をご紹介。いつもと違う、非日常的な気分でビールが飲めるビアガーデンを5つピックアップします!

WILD BEACH新宿

WILD BEACH新宿 ビアガーデン 新宿 カフェ
新宿駅東口改札北側エレベーターから直結! アクセス抜群のこちらは、屋上に白い砂が敷き詰められているビーチ風カフェです。砂の総量はなんと15トン! 都会のど真ん中でリゾート気分が味わえます。
WILD BEACH新宿 ビアガーデン 新宿 カフェ
おすすめはフリードリンク付きのバーベキュープラン。シーズニングビーフステーキやハーブチキンなどのお肉はもちろん、トルティーヤや生ハムなど、SNS映え抜群のおしゃれなメニューをお腹いっぱい食べることができます。
WILD BEACH新宿 ビアガーデン 新宿 カフェ
フリードリンクはビール以外にもモヒートなどのカクテルやワインなど、豊富なラインナップの中から選べます。サラサラの砂の上でお酒片手にくつろぐひとときはまさに至高! 友達みんなでワイワイ過ごすのもおすすめです。


住所:東京都新宿区新宿3丁目38番1号 ルミネエスト
営業時間:平日 11:00~23:00(L.O.Food22:00/Drink22:30)
土日祝 11:00~22:30(L.O.Food21:30/Drink22:00)
定休日:館に準ずる※雨天中止 ※全席禁煙
Webサイト:http://wildbeach.jp/shinjuku/


代々木VILLAGE BEER TERRACE 2018 “Orangery Garden”

代々木VILLAGE BEER TERRACE 2018 “Orangery Garden” ビアガーデン 
代々木駅から徒歩1分のこちらは、爽やかなヨーロッパの夏をイメージした、オランジェリー風のビアテラスです。オレンジの実がなったトンネルをはじめ、フォトスポットが目白押し! 都会のオアシスでリフレッシュしたい人にはぴったりですね。
代々木VILLAGE BEER TERRACE 2018 “Orangery Garden” ビアガーデン 
カジュアルなお店が集合したCONTAINER ZONE (コンテナゾーン)では、フルーツやハーブを使用した夏らしい爽やかなメニューが堪能できます。 VILLAGE ZONE(ビレッジゾーン)では2時間飲み放題が楽しめる「フリーフロープラン」が今年初登場! ランチタイムもビアテラスが開催されます。
代々木VILLAGE BEER TERRACE 2018 “Orangery Garden” ビアガーデン 
苦みが少なく、飲みやすい『ヒューガルデン』の生ビール2種をはじめ、3 colorsサングリアなども提供されています。夜になるとMUSIC BARの専属ミュージックセレクターが登場。大人のビアテラスを大いに盛り上げてくれること間違いなし!


住所:東京都渋谷区代々木1丁目28−9
開催期間:2018年5月25日(金)〜2018年9月30日(日)
営業時間:11:30~15:30(VILLAGE ZONEのみ開催)
18:00~22:00(CONTAINER ZONEは24:00まで)
ランチタイムのお問い合わせ:code kurkku 03-6300-5231(受付時間10:30~16:30、17:30~22:00)
ディナータイムのお問い合わせ:MUSIC BAR 070-1489-8825(受付時間16:30~26:00)
Webサイト:http://www.yoyogi-village.jp/news/village/3373.html


海の見えるビアガーデン“はまビア”

海の見えるビアガーデン“はまビア” ビアガーデン 横浜
横浜の夜景を一望できるテラス席で、心地よい潮風を感じながらビールが飲めます。生ビールのほかにもワイン、サングリア、ウイスキー、焼酎、カクテルなど、さまざまな種類のお酒が用意されているので、どんな相手と行っても楽しめるのではないでしょうか。
海の見えるビアガーデン“はまビア” ビアガーデン 横浜
こちらの魅力は、なんといっても豪華なフードの数々! ビアガーデンの常識を覆す、素材にこだわった料理を好きなだけ食べることができます。ボリューム満点の肉料理からヘルシーな野菜料理まで、お腹いっぱい食べちゃいましょう。
海の見えるビアガーデン“はまビア” ビアガーデン 横浜 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
場所は、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの中です。横浜観光のついでに立ち寄るのもおすすめですし、お得な宿泊付きプランで楽しむのも◎
潮風を感じながら、ゆったりと夏の夜を楽しむのにぴったりなロケーションです。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1
開催期間:2018年6月15日(金)~2018年9月17日(月・祝)
営業時間:18:00~22:30(21:30L.O.)
金土日・祝日は17:00より営業
Webサイト:https://www.interconti.co.jp/yokohama/restaurant/fair/161/


伊勢山ヒルズ『JEWEL NIGHT(ジュエルナイト)~光と音のビアホール~』

伊勢山ヒルズ『JEWEL NIGHT(ジュエルナイト)~光と音のビアホール~』 ビアガーデン みなとみらい
みなとみらい駅から徒歩5分、横浜の夜景を一望できるこちらのビアガーデンは、きらきら輝く装飾が会場いっぱいに施されています。美しいキャンドルの光に包まれながら過ごすひとときはまさに非日常! 女子会はもちろん、デートにも最適です。
伊勢山ヒルズ『JEWEL NIGHT(ジュエルナイト)~光と音のビアホール~』 ビアガーデン みなとみらい
屋内にはなんと、期間限定でプラネタリウムが! 天気が悪い日でも安心してお酒を楽しめます。
どこで写真を撮ってもSNS映えは抜群。思い出に残る1枚が残せそうですね。
伊勢山ヒルズ『JEWEL NIGHT(ジュエルナイト)~光と音のビアホール~』 ビアガーデン みなとみらい
ブッフェスタイルで食べる料理はどれも絶品! メインの料理は1人ずつできたてをいただくことができます。また、フワフワのかき氷を作れるサービスも。フローズンフルーツを添えて、世界に一つのかき氷を作ることができます!

住所:神奈川県横浜市西区宮崎町58-3
開催期間:2018年7月7日(土)~2018年8月31日(金)
営業時間:1部 18:00~20:00
     2部:20:00~2200
Webサイト:https://www.bestbridal.co.jp/guestparty/yokohama/iseyama-hills/beer-4/


抹茶ビアガーデン

抹茶ビアガーデン 抹茶 お茶の水
『抹茶ビール』に『ほうじ茶黒ビール』、『和紅茶黒ビール』、『和紅茶ビール』など、ここでしか味わえないお茶ビールが楽しめるビアガーデン! 御茶ノ水駅から徒歩3分ほどと、アクセスも抜群です。
ノンアルの抹茶ビールや抹茶のワインなど、抹茶好きにはたまらないドリンクが勢ぞろいしています。
抹茶ビアガーデン 抹茶 お茶の水 <ビアガーデンセット 1,500円>
ビールと相性抜群のおつまみ『ビアガーデンセット』をはじめ、こだわりのお茶料理も目白押し! 屋外のテラス席はもちろん、木目を基調とした落ち着きのある店内でゆったり過ごすことも可能です。
抹茶ビアガーデン 抹茶 お茶の水
女子にはうれしい和スイーツも充実。落ち着いてリラックスした時間を過ごすことができます。外国人の友達を連れて行ったら喜ばれるかも?

住所:東京都千代田区神田駿河台3‐4
開催期間:2018年6月1日(金)~9月29(土)
営業時間:17:00~23:00(L.Oフード/22:00、ドリンク/22:15)
Webサイト:http://www.1899.jp/ochanomizu/beergarden2018.html


日常を忘れさせてくれるビアガーデンでリフレッシュしよう

最近のビアガーデン事情はとっても進化しています。ただお酒を楽しむだけでなく、ラグジュアリーで非日常的な空間を提供してくれたり、料理にもこだわっていたりするお店が多い!
夏の疲れを感じたら、贅沢な気分になれるビアガーデンでリフレッシュするのがおすすめ! ワイワイ騒ぐもよし、まったりお酒を楽しむもよし。それぞれの楽しみ方で、平成最後の夏を満喫しましょう。
  • twitter
  • line
  • facebook
  • はてブ
follow me
  • twitter
  • facebook
  • instagram

© Mynavi Corporationマイナビ賃貸